コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プリンシパリーア Principalia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プリンシパリーア
Principalia

スペイン語で長老の意。フィリピンの植民地支配下における先住民のエリートをいう。本来はバランガイの指導者であったが,スペインの統治下で再編成され,村長をつとめた者が引退して長老となり,そのなかから町長 (ゴベルナドルシリョ) が選ばれた。彼らはこのように先住民でありながら植民地行政機構の末端に位置していたが,その権力はスペイン人の地区司祭によって制限を受けた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

プリンシパリーア【principalía】

スペイン統治下のフィリピンにおける原住民支配階層。スペイン政庁はフィリピン統治にあたって,町(プエブロ)および村(バリオ)レベルの統治行政に従事する原住民役職者を,一括してプリンシパリーアまたはプリンシパーレスprincipalesと呼び,これにトリブート(貢税)や強制労働,兵役などを免除する特権を与えた。具体的には現職の町長および村長,元町長,10年以上継続して村長を務めた経験者,小学校教師,町の助役,田畑監視官,家畜監視官,警備監視官などが法制上これに属した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のプリンシパリーアの言及

【フィリピン】より

…植民地行政の中でスペイン人が担当したのは,マニラの中央政庁と州政府までで,それ以下の地方行政はフィリピン人の手にゆだねられた。これらの町村レベルの原住民役人を総称してプリンシパリーアと呼び,かつてのバランガイ社会の首長層がその任に当てられた。スペインは政教一致の支配体制をとったので,植民地の住民はすべてカトリックへの改宗を強制された。…

※「プリンシパリーア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

プリンシパリーアの関連キーワードデル・ピラール

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android