コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プレショフ プレショフ Prešov

4件 の用語解説(プレショフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プレショフ
プレショフ
Prešov

ハンガリー語ではエペリェシュ Eperjes。スロバキア東部の都市。コシツェの北約 35kmのトルサ川沿いに位置する。 13世紀中頃からの町で,1374年には自由都市となり,バルト海バルカン半島とを結ぶ商業交通の要地として栄えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

プレショフ(Prešov)

スロバキア東部の都市。同国第3の規模をもつ。コシツェ盆地北部に位置する。機械工業、繊維業のほか製塩業が盛ん。11世紀よりハンガリー王国の領地となり、17世紀に新教徒のための神学校が開設された。旧市街には聖ミクラーシュ教会、旧市庁舎(現在はワイン博物館)などの歴史的建造物が残っている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

プレショフ【Prešov】

スロバキア東部の中心都市で,スロバキア居住のウクライナ人文化の重要な拠点。ドナウ川の支流トリサTorysa川に臨む。人口9万3000(1996)。コシツェKošiceとともに東スロバキア工業地区の中心を形成し,機械・セメント・食品・木材・衣料工業が盛ん。コシツェにあるシャファーリク大学の教育・哲学部の所在地合同教会の司教座がある。1200年ころハンガリーからポーランドへ抜ける通商路の要地として興り,1299年に都市の特権を得た。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プレショフ
ぷれしょふ
Preov

スロバキア東部、プレショフ県の県庁所在地。人口9万2786(2001)。コシツェ盆地北端、トリサ川とセクチョウ川の交点に位置する。鉄道の分岐点。市についてのもっとも古い言及は13世紀の文書にみられ、1374年に自由王立都市に認定された。16世紀にはハンガリー王国新教徒の文化的中心地となり、1667年に新教徒の高等教育機関が開設された。繊維、機械、印刷などが主要な工業で、塩の生産地としても知られる。P・J・シャファーリク大学の3学部(コシツェに3学部)とコシツェの技術大学の1学部がある。[木村英明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プレショフの関連キーワードスロバキアチェコスロバキアフリンカチェコスロバキア共産党スロバキアン・ハウンドチェコスロバキアン・ウルフドッグイレムニツキーチェコスロバキア映画チェコスロバキア事件スロバキア人民党

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone