コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プレー山 プレーさんMontagne Pelée

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プレー山
プレーさん
Montagne Pelée

西インド諸島東部,ウィンドワード諸島北部,マルティニーク島北西部にある活火山。標高 1397m。山名フランス語で「はげ山」の意であるが,斜面は森林におおわれ,数多くの谷に刻まれている。たびたび噴火しているが,特に 1902年5月8日の噴火は激しく,斜面を流下した熱雲で南西麓の港町サンピエールが全壊し,死者約3万人に達した。この噴火はプレー式噴火の標式例となっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

プレー山の関連キーワードフォール・ド・フランスマルティニク[島]フォールドフランスマルティニク火山岩尖火砕流

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android