コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プロテア プロテアProtea

6件 の用語解説(プロテアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プロテア
プロテア
Protea

ヤマモガシ科プロテア属の総称。南アフリカから熱帯アフリカに約 90種が知られ,その大半が南アフリカに分布する。日本へは切り花輸入が盛んで,豪華な花容で人気がある。低木から高木まで多様な姿をもつ常緑樹

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

プロテア(〈ラテン〉Protea)

ヤマモガシ科の常緑低木または小高木。南アフリカ原産。花材として用いられる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

プロテア

南〜熱帯アフリカ原産のヤマモガシ科の常緑低木または高木で,約75種がある。頭状花を色鮮やかな総苞が包む種が多く,はなはだ観賞価値に富むので,切花やドライフラワーとして利用される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

プロテア【Protea】

ヤマモガシ科の常緑小高木からなる1属の総称。アフリカの熱帯から南部に分布し,約130種が知られている。多くは頭状に密集した花を枝端につけ,さらに花序が美しい色彩の苞によってとりまかれているので,観賞植物として栽植されたが,耐寒性はあまりない。多湿をきらうので,西日本の暖地でも露地栽培の成績は良好ではない。ドライフラワーとして輸入されてもいる。 プロテアコンパクタP.compacta R.Br.は学名のように小型で,高さ1~2mほど。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

プロテア【Protea】

ヤマモガシ科プロテア属の総称。南アフリカ原産。常緑の低木または高木。春から夏に枝頂に径約4~20センチメートルの苞に囲まれた頭花をつける。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プロテア
ぷろてあ
[学]Protea

ヤマモガシ科プロテア属の総称。半耐寒性の常緑低木で、葉は革質。花は枝の先端に頭状につき、径4~5センチメートルのものから約20センチメートルの大形種まである。多数の鱗列(りんれつ)する総包の中に長形の花被(かひ)があり、先端に白毛がある。成熟すると花被が縦に割れて堅い雌しべが伸びるが、結実は少ない。外側の包葉は20~100枚に達し、赤紅、暗赤、紫紅、黄、朱橙(しゅとう)、白色などがあり、美しい。5~6月咲きと、8~9月咲きのものがある。南アフリカを中心に約75種分布する。著名品種にコンパクタ、シナロイデスP. cynaroides、グランディセプス、ネリーフォリア、レペンス、スペシオサなどがある。栽培にあたっては、氷点下を避けることと多湿に注意する。[吉次千敏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

プロテアの関連情報