コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プロテア プロテア Protea

6件 の用語解説(プロテアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プロテア
プロテア
Protea

ヤマモガシ科プロテア属の総称。南アフリカから熱帯アフリカに約 90種が知られ,その大半が南アフリカに分布する。日本へは切り花輸入が盛んで,豪華な花容で人気がある。低木から高木まで多様な姿をもつ常緑樹

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

プロテア(〈ラテン〉Protea)

ヤマモガシ科の常緑低木または小高木。南アフリカ原産。花材として用いられる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

プロテア

南〜熱帯アフリカ原産のヤマモガシ科の常緑低木または高木で,約75種がある。頭状花を色鮮やかな総苞が包む種が多く,はなはだ観賞価値に富むので,切花やドライフラワーとして利用される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

プロテア【Protea】

ヤマモガシ科の常緑小高木からなる1属の総称。アフリカの熱帯から南部に分布し,約130種が知られている。多くは頭状に密集した花を枝端につけ,さらに花序が美しい色彩の苞によってとりまかれているので,観賞植物として栽植されたが,耐寒性はあまりない。多湿をきらうので,西日本の暖地でも露地栽培の成績は良好ではない。ドライフラワーとして輸入されてもいる。 プロテアコンパクタP.compacta R.Br.は学名のように小型で,高さ1~2mほど。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

プロテア【Protea】

ヤマモガシ科プロテア属の総称。南アフリカ原産。常緑の低木または高木。春から夏に枝頂に径約4~20センチメートルの苞に囲まれた頭花をつける。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プロテア
ぷろてあ
[学]Protea

ヤマモガシ科プロテア属の総称。半耐寒性の常緑低木で、葉は革質。花は枝の先端に頭状につき、径4~5センチメートルのものから約20センチメートルの大形種まである。多数の鱗列(りんれつ)する総包の中に長形の花被(かひ)があり、先端に白毛がある。成熟すると花被が縦に割れて堅い雌しべが伸びるが、結実は少ない。外側の包葉は20~100枚に達し、赤紅、暗赤、紫紅、黄、朱橙(しゅとう)、白色などがあり、美しい。5~6月咲きと、8~9月咲きのものがある。南アフリカを中心に約75種分布する。著名品種にコンパクタ、シナロイデスP. cynaroides、グランディセプス、ネリーフォリア、レペンス、スペシオサなどがある。栽培にあたっては、氷点下を避けることと多湿に注意する。[吉次千敏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プロテアの関連キーワードヤマモガシグレビレア木珊瑚紫檀山枇杷山もがし姥目樫ロンガン黄枇マカダミアナッツ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

プロテアの関連情報