コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プロテオグリカン proteoglycan

デジタル大辞泉の解説

プロテオグリカン(proteoglycan)

ムコたんぱく質。多糖類を含むたんぱく質。細胞の保護や細胞と細胞をつなぎ合わせるセメントの役割をする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典の解説

プロテオグリカン

 グルコサミノグリカンを主成分とするタンパク質の複合体で,細胞の表面に認められる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

プロテオグリカン【proteoglycan】

タンパク質と多糖の結合した物質で,おもに動物の細胞間組織の構成成分である。糖タンパク質と異なるのは,糖タンパク質ではタンパク質の占める割合が高いが,プロテオグリカンでは多糖の比率が高い点である(70%が多糖)。多糖部分はムコ多糖で,ムコ多糖の名まえの前にプロテオ(タンパク質の意)を冠して呼ぶ。プロテオコンドロイチン硫酸は動物の軟骨などに多く,細胞間組織の主成分である。プロテオデルマタン硫酸は,哺乳類の真皮,腱などでコラーゲン繊維とともに存在する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のプロテオグリカンの言及

【コンドロイチン硫酸】より

…コンドロイチン硫酸の研究は,名古屋大学の鈴木旺らが開発した特異的分解酵素コンドロイチナーゼを使用することによって急速に進んだ。この多糖鎖は遊離の形ではなく,タンパク質と共有結合したプロテオグリカンとして組織中に存在している。糖部分とタンパク質部分の結合はキシロースとセリンのO‐グリコシドであり,弱アルカリ処理によって解裂する。…

【炭水化物】より

…炭水化物が光合成植物のみならず,多くの動物組織においても主たるエネルギー源となっている理由としては,遊離型で直ちに利用できる単糖と,貯蔵型の多糖の相互変換が比較的容易に酵素的に行われるという炭水化物の特性が考えられる。 第2の機能は形態構築であり,この役割を果たす多糖として,セルロース,細菌細胞壁の多糖,そして高等動物の基質中のプロテオグリカンやヒアルロン酸(ムコ多糖)などをあげることができる。これらの分子が形態上の機能を果たしうる理由はさまざまであり,以下のいずれかに対応する。…

【粘液】より

…粘液細胞では核は基底近くに偏在し,疎面小胞体でつくられたタンパク質成分とゴルジ体でつくられた糖成分とから成る糖タンパク質が顆粒(かりゆう)となって細胞を満たしている。粘液の成分はさまざまであるが,糖成分がムコ多糖となったムコ多糖タンパク質,すなわちプロテオグリカンがよく知られている。なお,結合組織の基質もムコ多糖や糖タンパク質から成り,粘性が高いので粘液として扱われる。…

※「プロテオグリカン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

プロテオグリカンの関連キーワードNアセチルDグルコサミンNアセチルガラクトサミンコンドロイチン硫酸細胞外マトリックスコンドロイチンキシロース細胞外基質アミノ糖結合組織ヘパリン軟骨細胞軟骨基質ムチン糖衣粘液

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android