コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プロテオミクス プロテオミクス proteomics

2件 の用語解説(プロテオミクスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

プロテオミクス(proteomics)

生体内の細胞や組織における、たんぱく質の構造・機能を総合的に研究する学問分野。狭義にはプロテオーム解析とよばれるたんぱく質の分離と同定技術を指し、広義にはたんぱく質の構造を中心に、その機能や相互作用を解析し、広く臨床医学や創薬などに応用する研究領域を含む。プロテオーム解析

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プロテオミクス
ぷろておみくす
proteomics

1990年代中ごろより台頭してきた分子生物学の研究分野の一つで、生物の重要な構成要素であるタンパク質の構造や機能を総合的に解析する技術の総称。生物の細胞や組織などに存在するタンパク質(プロテイン)全体をプロテオームとよぶが、プロテオミクスはプロテオームの網羅的解析を表す用語であり、プロテオーム解析ともよばれる。生物の遺伝子情報全体を表すゲノム、またゲノムの包括的解析を表すゲノミクスという造語を生みだしたゲノム科学は、いまやバイオテクノロジー研究の主要分野を構成している。ゲノムに続いて、プロテオームや、生物の代謝から生まれる物質やその代謝系全体を示す「メタボローム」などのような用語が生まれている。いずれも、分子生物学の研究領域の細分化や拡大とともに登場した造語であり、これらは、ポストゲノム時代のバイオテクノロジーの重要テーマに位置づけられている。
 プロテオミクスでは、質量分析法や電気泳動法、タンパク質どうしの相互作用などを解析する技術などが主として用いられており、それによってタンパク質の構造や状態(発現)、さらにタンパク質の機能性・動態などについての情報が得られる。こうしたプロテオミクスの成果は、新しい医薬品の効率的な開発や疾病のメカニズムの解明などに利用できる。たとえば、疾患プロテオミクスとよばれる病気の原因や症状などに関連するさまざまなタンパク質を特定する研究が活発に進んでいる。実際に、癌(がん)の高精度診断に役だつバイオマーカー(生物マーカー。診断分野では、生体内の状態、とくに生物学的変化を量的な変化として示すことが可能な物質を示す。これにより診断や治療による変化を把握・評価する)の開発も期待される成果の一つである。さらに、こうしたプロテオミクスの活発化は、ベンチャー企業の誕生を促す一因にもなっている。[飯野和美]
『綱澤進・平野久編『プロテオミクスの基礎』(2001・講談社) ▽マルコム・A・キャンベル他著、松尾洋監訳、佐藤翻訳事務所訳『ゲノミクス・プロテオミクス・バイオインフォマティクス入門』(2004・オーム社) ▽丹羽利充監修『最新プロテオミクス・メタボロミクス――質量分析の基礎からバイオ医薬への応用』(2007・秀潤社) ▽中山敬一・松本雅記監修『明日を拓く新次元プロテオミクス――医学生物学を変える次世代技術の威力』(2009・学研メディカル秀潤社、学研マーケティング発売) ▽日本プロテオーム学会編『プロテオミクス辞典』(2013・講談社) ▽近藤格編『医学のあゆみ251巻10号 臨床プロテオミクス』(2014・医歯薬出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プロテオミクスの関連キーワード誘導蛋白質膜蛋白質アポタンパク質急性期タンパク質骨基質タンパク質組織化植物タンパク質組織化ダイズタンパク質単細胞タンパク質乳タンパク質リポタンパク質

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

プロテオミクスの関連情報