コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プロピライト propylite

百科事典マイペディアの解説

プロピライト

変朽安山岩とも。炭酸ガスを含む溶液の作用で変質した安山岩。角セン石や黒雲母緑泥石・方解石化,斜長石のソウ長石・緑レン石化で淡褐緑色を呈するのが特徴。現在は岩石名としては使用されていない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

プロピライト【propylite】

安山岩や石英安山岩などの火山岩熱水変質作用により生じた緑色の岩石。変朽(へんきゆう)安山岩とも呼ぶ。鉱床を取り巻く原岩が熱水の作用により変質する場合の〈母岩の変質〉の一つであって,日本では特に第三紀に形成された金,銀,銅,鉛,亜鉛の鉱脈型の鉱床の母岩の変質にみられる例が代表的なものである。また,このような鉱床の探鉱を行う場合の手がかりとして利用される場合もある。しかし鉱床生成とは別に,広い地域にわたり同一地層がこの種の岩石となっている場合もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プロピライト
ぷろぴらいと
propyrite

変朽(へんきゅう)安山岩ともいう。主として熱水作用の影響で、構成鉱物が加水変質し、いろいろな含水鉱物を生じた火山岩のうち、とくに安山岩や石英安山岩をいう。斜長石は絹雲母(きぬうんも)(白雲母)、緑簾(りょくれん)石、曹長(そうちょう)石などに変化し、輝石、角閃(かくせん)石、黒雲母、ガラス質は緑泥石、くさび石、方解石などになる。しかし、火山岩の組織は残っていることが多い。なかでも重要な変質産物は、絹雲母、緑泥石、石英であって、そのためプロピライトを生ずる作用は、絹雲母化、緑泥石化、珪(けい)化であるとされている。日本では、プロピライトは第三系中の熱水鉱床の母岩として重要視されている。なお、プロピライトよりも低温の変質作用では、各種の沸石類が生ずるので、プロピライト化地域の外側には沸石帯がある。[橋本光男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

プロピライトの関連キーワードプロトピライトトラコライト尾去沢鉱山湯河原沸石串木野鉱山院内銀山イトムカ曹長石

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android