コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プーケット[島] プーケット

百科事典マイペディアの解説

プーケット[島]【プーケット】

マレー半島西岸にあるタイ領の小島。北端の橋で本土とつながっている。国内有数のスズ産地で,露天掘および海底採取を行っている。住民はスズ採掘のため入植した中国人やマレー人が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

プーケット[島]【Phuket Island】

タイ南部,マレー半島西岸にある島で,本土と橋でつながっている。南北49km,東西21km。プーケット県の県都が島の南東部にあるプーケットで,人口2万4000(1990)。丘陵地が多く,平地に乏しく,古くからスズ採掘が主要な産業である。またゴム,ヤシ,コショウの栽培が盛んである。住民はタイ人のほか,華僑系,マレー系の人々が多い。近年,観光開発が急速に進み,内外から多くの観光客が訪れる。【田辺 繁治】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

プーケット[島]の関連キーワードスマトラ沖地震

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android