コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プーケット Phuket

大辞林 第三版の解説

プーケット【Phuket】

タイの南部、マレー半島の北西岸沖にある小島。錫の大産地。本土とは橋で連結され、観光業が盛ん。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プーケット
Phuket

タイ南西部,マレー半島西岸にあるプーケット島南東岸の港町。アンダマン海の主要交易港の一つ。プーケット島の主産物であるスズをはじめ,ゴム,木炭,木材,水産物などを積み出し,米,衣類,機械,石油製品などを荷揚げする。海岸風景が美しく,近年は観光地として脚光を浴びる。空港があり,バンコクマレーシアと定期便で結ばれる。人口 6万6685(2000)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プーケット
ぷーけっと
Phuket

タイ南部、プーケット県の県都。マレー半島西岸のプーケット島南東岸に位置する。人口5万2796、同名の県の人口は24万9446(2000)。同国有数の錫(すず)鉱山の町で、古くから採掘が行われ栄えてきた。ゴムの採取や漁業も行われている。近年はアンダマン海に面する美しい海岸風景によって、国際的な観光地としても脚光を浴びている。空港ができ、バンコクからの交通も容易になった。[友杉 孝]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のプーケットの言及

【プーケット[島]】より

…南北49km,東西21km。プーケット県の県都が島の南東部にあるプーケットで,人口2万4000(1990)。丘陵地が多く,平地に乏しく,古くからスズ採掘が主要な産業である。…

※「プーケット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

プーケットの関連キーワードプーケットのカシューナッツ工場スラカルCBフルーツマーケットピピ島とバイキングケーブプーケットファンタシースマトラ島沖地震・津波プーケット国際マラソンシリナート海洋国立公園カオプラテオ国立公園タイ民主主義市民連合プーケット国際空港パンガー湾国立公園プーケット[島]プーケット水族館民主主義市民連合ホー クォンピンナイヤン国立公園スマトラ沖地震バンタオビーチアマンリゾーツプロムテープ岬

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

プーケットの関連情報