ヘッダ・ガブラー(読み)ヘッダガブラー

百科事典マイペディアの解説

ヘッダ・ガブラー

イプセンの戯曲。4幕。1890年作。平凡な大学教師の妻ヘッダが,著述で名声を博しているかつての愛人レーブボルグに自殺を命じ,自分も死ぬ。解放された女性が確固とした生き方を見いだせない悲劇。イプセンのリアリズム時代の代表作。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘッダ・ガブラー
へっだがぶらー
Hedda Gabler

ノルウェーの劇作家イプセンの四幕戯曲。1890年作。主人公ヘッダは故ガブラー将軍のひとり娘で、美貌(びぼう)で勝気な女性。平凡な大学教授テスマンと結婚して退屈な日々を送っているところへ、かつて夫の学問上の好敵手で自分に思いを寄せていた天才肌(はだ)のレールボルグが放蕩(ほうとう)と酒で身を持ち崩していたのに、彼女の頤使(いし)に甘んじていた旧友の援助で立ち直り、すばらしい著述を完成して現れ、夫テスマンを蹴(け)落としそうになる。しかし彼はその原稿を道で落として絶望に陥る。原稿はヘッダの手に入るが、彼女は彼にピストルを与えて帰し、原稿は焼き捨てる。やがて彼の死が伝えられると、彼女もピストル自殺をする。美貌と才気に恵まれながら、我(が)の強い解放された女性の、自他をともに破滅させる姿を描いた作者中期の名作。日本では1912年(大正1)、近代劇協会によって初演されて以来、再々上演されている。[山室 静]
『楠山正雄訳『ヘッダ・ガブラー』(角川文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヘッダ・ガブラーの関連情報