コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近代劇協会 きんだいげききょうかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

近代劇協会
きんだいげききょうかい

劇団名。上山草人・山川浦路夫妻が伊庭孝らと創立した。 1912年イプセンの『ヘッダ・ガーブラー』で旗揚げ,翌年ゲーテの『ファウスト』を帝国劇場で本邦初演。しかし,次第にレパートリーや演技が新派寄りになったことと劇団の内紛が原因で,19年の『リア王』を最後に解散。その後夫妻は渡米,草人はハリウッド入りして早川雪洲に次ぐ日本人2人目の映画スターとして活躍した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きんだいげききょうかい【近代劇協会】

新劇団。文芸協会を退会した上山草人(かみやまそうじん)・山川浦路(うらじ)夫妻が,伊庭孝(いばたかし)(1887‐1937),柴田勝衛,杉村敏夫らの俳優,演出家とともに,1912年5月に結成,坪内逍遥と森鷗外が顧問となった。同年10月有楽座でイプセン《ヘッダ・ガブラー》を旗揚げにとりあげ,主演女優山川浦路のヘッダが好評を博した。翌13年の第2回公演にはゲーテ(鷗外訳)の《ファウスト》を帝劇で上演,素人女優の衣川孔雀(きぬかわくじやく)のグレートヘンの新鮮な演技で注目を集め成功をおさめた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

近代劇協会の関連キーワードヘッダ・ガブラー三村 伸太郎野村 清一郎内山 惣十郎山川 浦路上山 珊瑚沢田正二郎衣川 孔雀栗島 狭衣伊沢 蘭奢上山 草人伊庭 孝上山珊瑚伊沢蘭奢児童劇桜の園新劇

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android