コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘビトンボ(蛇蜻蛉) ヘビトンボ dobsonfly

翻訳|dobsonfly

1件 の用語解説(ヘビトンボ(蛇蜻蛉)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヘビトンボ【ヘビトンボ(蛇蜻蛉) dobsonfly】

脈翅目ヘビトンボ科Corydalidaeに属する昆虫の総称,またはそのうちの1種を指す。この仲間は大型で翅の開張5~17.5cm,全体に黄褐色ないし暗褐色を帯びる。名はトンボの類のようであるが,分類学上はまったく異なるグループに属する。熱帯から温帯にかけて分布し,約100種が記録されている。日本には5種のみ知られ,成虫は5~9月河川の流域近辺に発生し,夜間に活動し,しばしば灯火に飛来する。成虫の寿命は短く数日から10日ぐらいという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のヘビトンボ(蛇蜻蛉)の言及

【甲虫】より

…甲虫のもっとも古い化石は二畳紀の地層から発見されている。祖先をヘビトンボ,ラクダムシなどの脈翅類とする説と,ゴキブリ類とする説があるが,この時代に出現したナガヒラタムシ類の化石が脈翅類と甲虫類の中間を示すこと,現生のヘビトンボと甲虫のミズスマシの幼虫が類似することなどによって前者の説が支持されている。
[分類]
 甲虫は百数十の科に分類されているが,始原亜目,食肉亜目,粘食亜目,多食亜目に大別される。…

※「ヘビトンボ(蛇蜻蛉)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヘビトンボ(蛇蜻蛉)の関連キーワード脈翅類青糸蜻蛉黄蜻蛉早苗蜻蛉塩辛蜻蛉角蜻蛉蛇蜻蛉糸蜻蛉腰明蜻蛉赤トンボ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone