コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘレネス ヘレネスHellēnes

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘレネス
Hellēnes

前7世紀頃からギリシア人が自己の民族を異邦人 (バルバロイ ) に対して呼んだ総称。もと南テッサリアのヘラスを中心に定着したギリシア人の一種族名で,彼らは伝説上の英雄ヘレンをみずからの祖と称していた。パンヘレネス (全ヘレネス) という語はホメロスにみられるが,その内容は確定しがたい。パンヘレネスを全ギリシア民族の総称として初めて用いたのはヘシオドスとされる。前6世紀の碑文で初めてヘレネスの語がバルバロイに対する全ギリシア人の総称として用いられた。前8世紀にギリシア中部のボイオチアからイタリアへ移住したグライオイ人にちなんで,ラテン人がギリシア人全体をグラエキ (グレキ) と呼んだのに対して,南イタリアのバルバロイは彼らをヘレネスと呼び,これがギリシアに逆輸入されてギリシア人全体の呼称になったとされている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ヘレネス(〈ギリシャ〉Hellēnes)

古代ギリシャ人の自称。→バルバロイ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ヘレネス

古代ギリシア人が自分たちの民族の総称として用いた語で,デウカリオンの子ヘレンの子孫の意。元来は一小部族の名称で,古くはギリシア人全体をパンヘレネスとも呼んだ。またギリシア人の国土をヘラスhellasと称した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヘレネス【hellēnes】

古代ギリシア人が自己の民族の総称として用いた名称。その住む国土はヘラスhellasと呼ばれた。ホメロスやヘシオドスの詩で,まず〈パンヘレネスpanhellēnes〉という語が用いられ,やがて〈ヘレネス〉だけでギリシア民族を指し,異民族を指すバルバロイと対立する概念となった。ギリシア語を話し,オリュンピア競技その他に参加して,共通の神々をあがめるのがその特徴であったが,さらに進んでヘレネスはすべて自由民であるべきであり,奴隷はバルバロイだけから供給すべきだとの思想も生じた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ヘレネス【Hellēnes】

古代ギリシャ人の自称。 → ヘラス

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘレネス
へれねす
Hellenesギリシア語

古代ギリシア人の自称。最初はテッサリア南部のフティオティス地方の一部の住民をさし、ヘラスHellasと同じく使用範囲が南方に広がった。ホメロスはギリシア人をアカイア人などとよんだが、おそらくヘシオドスのころからヘレネスがギリシア人全体の呼び名となり、紀元前6世紀後半からは、異民族(バルバロイ)との対比、優劣などが、彼らの大きな関心事となった。現代ギリシア語ではエリネスEllinesという。[清永昭次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のヘレネスの言及

【デウカリオン】より

…水が引いてから,人類の回復を願う二人に,母の骨を背後に投げよとの託宣があり,これを石と解した二人が肩越しに石を投ずると,デウカリオンの投げた石は人間の男に,ピュラのそれは女になった。こうしてギリシア人の祖先たるヘレンHellēnが生まれたことにより,古代のギリシア人はみずからをヘレネスHellēnes,国土をヘラスHellasと称するようになったという。【水谷 智洋】。…

※「ヘレネス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヘレネスの関連キーワードギリシア史[古代]ヘレニズム

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヘレネスの関連情報