コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベグラーム

3件 の用語解説(ベグラームの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ベグラーム

アフガニスタン,カブールの北東60kmのゴルバンド川とパンジュシール川の合流点にある古代カーピシー国の中心地であり,クシャーナ朝から9世紀までの都城跡。1937年―1945年フランス考古学隊によって調査され,ギリシアローマの青銅像やガラス製品インドの象牙浮彫板,中国漢代の漆器など東西のすぐれた美術工芸品が出土。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ベグラーム【Begrām】

アフガニスタンのカーブル北方約60km,ヒンドゥークシュ南麓を東流するパンジュシール川南岸のレキ岩台地端にあるクシャーナ朝から9世紀までの都城跡。カーブル川流域を版図にもった古代カーピシー国の中心地で,歴代支配者はここを夏都,ガンダーラを冬都とした。カーピシー・ベグラームともいう。アレクサンドリア・アド・カウカスムにも同定される。都城跡は,レキ岩段丘の上から下にかけて南北に長く,南の段丘上には東西450m,南北150mの市壁が残り,段丘下方にアブドゥッラー・イ・ボルジとよばれる市の北端が残る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベグラーム
ベグラーム

カピサ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベグラームの関連キーワードアフガニスタンアフガニスタン音楽アフガンアフガンハウンドアフガン侵攻アフガニスタン戦争ヘルマンド[川]9・11とアフガニスタンイギリス・アフガニスタン戦争‘Abd al-Raḥmān(アフガニスタン)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone