コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベグラーム

百科事典マイペディアの解説

ベグラーム

アフガニスタン,カブールの北東60kmのゴルバンド川とパンジュシール川の合流点にある古代カーピシー国の中心地であり,クシャーナ朝から9世紀までの都城跡。1937年―1945年フランスの考古学隊によって調査され,ギリシア,ローマの青銅像やガラス製品,インドの象牙浮彫板,中国漢代の漆器など東西のすぐれた美術工芸品が出土。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ベグラーム【Begrām】

アフガニスタンのカーブル北方約60km,ヒンドゥークシュ南麓を東流するパンジュシール川南岸のレキ岩台地端にあるクシャーナ朝から9世紀までの都城跡。カーブル川流域を版図にもった古代カーピシー国の中心地で,歴代支配者はここを夏都,ガンダーラを冬都とした。カーピシー・ベグラームともいう。アレクサンドリア・アド・カウカスムにも同定される。都城跡は,レキ岩段丘の上から下にかけて南北に長く,南の段丘上には東西450m,南北150mの市壁が残り,段丘下方にアブドゥッラー・イ・ボルジとよばれる市の北端が残る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベグラーム

カピサ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ベグラームの関連キーワードアフガニスタン国立博物館カーピシー・ベグラームジョゼフ アッカンアフガニスタンギルシュマン

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android