ベッドタウン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベッドタウン

独自の産業基盤をもたず,大都市の近郊にあって大都市への通勤者の居住地となっている都市。夜間人口が昼間人口をはるかにしのぐこと,販売サービス業が肥大していることなどが特徴である。住民転出転入が激しく定住性が相対的に低いことから,地域に対する住民の愛着,関心の度合いが薄いのが社会心理的な特色である。また世帯主の年齢も若いことから,幼稚園や義務教育学校の整備が必要になるなど生活行政,教育行政などの面でさまざまな困難をかかえていることが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

とっさの日本語便利帳の解説

ベッドタウン

大都市周辺の都市や住宅地。英語ではbedroom town(ベッドルームタウン)。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

ベッドタウン

bed+town〕
〔大都市に働く人々が夜になると寝るために帰ってくるところから〕
大都市周辺の住宅地域。住宅衛星都市。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のベッドタウンの言及

【住居】より

…中産階級の住宅は〈田園郊外Garden Suburb〉と呼ばれる住宅地に多く建設され,2戸で一つの建物となっている住宅(セミ・ディタッチト・ハウスsemi‐detached house)が多く建設される。田園郊外の住宅地は風致計画を加味したベッドタウン(住宅都市)であり,1870年代後半にロンドン西郊に建設されたベドフォード・パークBedford Parkがその嚆矢(こうし)である。 建築家たちも専用住居を数多く設計するようになる。…

【住宅都市】より

…また,通勤者が多く,昼間人口の流出が多いことも住宅都市の特色である。日本で新造されたベッドタウンという語もほぼ同義に用いられているが,ややまとまったひろがりをもつ住宅地をもベッドタウンと呼ぶこともあり,行政上の範囲をも示す〈住宅都市〉とは厳密には違いがある。武蔵野,国立(くにたち),豊中,芦屋などの諸市は,住宅都市の代表例である。…

※「ベッドタウン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ベッドタウンの関連情報