コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベリサリオス

百科事典マイペディアの解説

ベリサリオス

ビザンティン帝国の軍人。皇帝ユスティニアヌス1世に仕え,ペルシアの侵入を退け,アフリカに遠征してバンダル王国を征服,さらにイタリアで東ゴート王国と戦った。その間ペルシアの侵入を再度撃退するなど,帝国拡大に功をあげた。
→関連項目プロコピウス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ベリサリオス【Belisarios】

505ころ‐565
ビザンティン帝国の皇帝ユスティニアヌス1世の片腕となった名将。皇后テオドラの親任厚いアントニナが妻。プロコピウスの《戦記》で戦功をたたえられる。対ペルシア戦の指揮のほか,〈ニカの反乱〉(532)で皇帝の危急を救い,とくにユスティニアヌス1世の西方再征服ではアフリカのバンダル族(533‐534),イタリアの東ゴート族(535‐540)に対する遠征軍を指揮,いったん召喚された後ナルセスNarsēs(478ころ‐573)と交代するまで対ゴート戦を続行(544‐548)した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベリサリオス
べりさりおす
Belisarios
(500ころ―565)

ビザンティン帝国ユスティニアヌス1世麾下(きか)の名将。その生涯は彼の顧問官である歴史家プロコピオスの作品に詳しい。メソポタミアの軍司令官(527)を皮切りに、対ペルシア戦に二度(530~531、541~543)指揮をとった。皇帝の旧ローマ西方領の回復という政治目標のためアフリカに転戦(533~534、544~548)、そこからイタリアに赴き(535~540)、東ゴート人を破った(544~547)。その間首都の市民による「ニカの乱」を鎮圧(532)。548年イタリアから帰り引退。その後、皇帝暗殺事件に関係ありとされ、一時皇帝の不興を買うがすぐに嫌疑が晴れる。死後この英雄をしのんで多くの英雄詩や小説が書かれた。[和田 廣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のベリサリオスの言及

【東ゴート王国】より

…その結果,政権を握ったのがゴート人の将軍ウィティギスVitigisであった。だが名将ベリサリオスの率いるビザンティン軍は南部から上陸し,この年の暮れにローマに入り,イタリアを帝国に再び編入した。これによって東ゴート王国は解体する。…

※「ベリサリオス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ベリサリオスの関連キーワードプロコピウス[カエサレアの]ユスティニアヌス(1世)ユスティニアヌス[1世]ベリサリウスプロコピオスシチリア島和田

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android