コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルネ ベルネ Börne, Ludwig

11件 の用語解説(ベルネの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベルネ
ベルネ
Börne, Ludwig

[生]1786.5.6. フランクフルト
[没]1837.2.12. パリ
ドイツジャーナリスト,批評家。本名 Löb Baruch。「若きドイツ」派の代表的論客。ユダヤ人の銀行家の子に生れ,初め医学を学び,のち法学に転じ官吏となったが,政府の反動化により解雇され,ジャーナリズムに入った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ベルネ
ベルネ
Vernet, Claude Joseph

[生]1714.8.14. アビニョン
[没]1789.12.3. パリ
フランスの画家。アビニョンとエクスの装飾画家であったが,1734~53年にローマで風景画を学び,帰国後はフランス・アカデミー会員となり,ルイ 15世の注文で『フランスの港』 (1754~62,ルーブル美術館ほか分蔵) を連作した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ベルネ
ベルネ
Vernet, Antoine Charles Horace

[生]1758.8.14. ボルドー
[没]1836.11.27. パリ
フランスの画家。通称カルル。 C.J.ベルネの息子。風俗画に巧みで,リトグラフの先駆者。ナポレオンのため『マレンゴ』 (1804) その他の戦争画を描いたが,のちにルイ 18世の宮廷画家となり,競馬や狩猟の作品を多く制作した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ベルネ
ベルネ
Vernet, Émile Jean Horace

[生]1789.6.30. パリ
[没]1863.1.17. パリ
フランスの画家。 A.C.H.ベルネの息子。熱烈なナポレオン礼賛者で,リトグラフも制作。馬や戦争の情景を描いたが,1829年にはローマのフランス・アカデミー学長。 33年にはアルジェリアのフランス軍に従軍し,アラブの風景も描いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ベルネ(Ludwig Börne)

[1786~1837]ドイツの評論家。ユダヤ系。パリの七月革命を取材して報告し、後のドイツ三月革命に影響を与えた。著「パリだより」「フランス人ぎらいのメンツェル」。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ベルネ

ドイツのユダヤ系評論家。人種差別を身をもって体験,急進的自由主義論陣を張る七月革命以後パリに移住。フランスの政治,思想を伝えた《パリだより》2巻(1832年―1834年)は文化史的にも貴重な記録。

ベルネ

フランスの風景画家。アビニョン生れ。ロランプッサンらの影響を受け,詩情豊かな風景画を得意とした。特に港の光景と嵐や難破船のモティーフを結びつけた作品に独自の味わいをみせ,海洋画家として名高い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ベルネ【Claude Joseph Vernet】

1714‐89
フランスの画家。アビニョン生れ。1734年より20年間イタリアに滞在し,43年ローマの画家組合に登録。ローマ,ティボリナポリなどの風景,海景を主として描く。コローの先駆というべき繊細な光の表現が《ポンテ・ロット》(1745)などにうかがえる。53年帰国し,アカデミー会員となる。フランスの主要な港を描く15点の海景では,光の表現はいっそう劇的な効果を高める。またフラゴナール風の浴女も描くが,好んで題材とした嵐の風景は,19世紀風景画,またロマン派の先駆的な表現とみることができる。

ベルネ【Ludwig Börne】

1786‐1837
ドイツの評論家。フランクフルトのユダヤ人ゲットー生まれる。1818年,文芸雑誌ワーゲDie Wage》を創刊して文筆生活に入る。パリ移住後のベルネの政治評論を代表する《パリ便り》(1832‐34)は機知に富む鋭利な文体を駆使して,ドイツの時代錯誤の現状を容赦なくあばきだした。ハイネと並ぶ青年ドイツ派リーダー格とみなされたが,ハイネとは晩年に決別。その50年の生涯は,自己の共和主義的信念をかたくなに守りぬいた清楚な革命家の一生であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ベルネ【Ludwig Börne】

1786~1837) ドイツの批評家。パリの七月革命をつぶさに取材し、盛んな文筆活動によってドイツの三月革命に影響を与えた。著「パリだより」「フランス人ぎらいのメンツェル」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベルネ
べるね
Ludwig Brne
(1786―1837)

ドイツのジャーナリスト。フランクフルトのユダヤ人ゲットーに生まれる。1818年、文芸雑誌『ワーゲ』を創刊して文筆生活に入る。パリ移住後のベルネの政治評論を代表する『パリ便り』(1832~1834)は、機知に富む鋭利な文体を駆使して、ドイツの時代錯誤の現状を容赦なく暴き出した。ハイネと並ぶ「青年ドイツ派」のリーダー格とみなされたが、「政治革命社会革命か?」をめぐって両者は鋭く対立し、ついには誹謗(ひぼう)と私怨(しえん)の大激突のうちに決別する。ベルネのわずか50年の生涯は、自己の共和主義的信念をかたくなに守り通した清楚(せいそ)な革命家の一生であった。ドイツ・ジャコバン派の政治的ジャーナリズムは、彼によって引き継がれたといっても過言ではない。[林 睦實]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベルネの関連キーワードアビニョン捕囚サンベネゼ橋ビルヌーブレザビニョンロシェデドン公園アビニョンの橋でクレメンス[5世]ヨハネス[22世]アビニョン教皇庁アビニョンの橋《アビニョンの橋》

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ベルネの関連情報