コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベレサーエフ ベレサーエフVeresaev, Vikentii Vikent'evich

3件 の用語解説(ベレサーエフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベレサーエフ
ベレサーエフ
Veresaev, Vikentii Vikent'evich

[生]1867.1.16. トゥーラ
[没]1945.6.3. モスクワ
ロシア,ソ連の小説家。本名 Smidovich。ペテルブルグ大学歴史言語学部卒業後,医学を学び日露戦争には軍医として従軍。思想的にはいわゆる「合法的マルクス主義」に共鳴し,『疫病』 Povetrie (1898) などを書いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ベレサーエフ【Vikentii Vikent’evich Veresaev】

1867‐1945
ロシアの小説家。本名スミドビチ。ポーランド系の医者の子で,みずからも医者であった。早くからマルクス主義の雑誌に寄稿し,のち〈ズナニエ〉派に参加。《道なくして》(1895)などの一連の作品でインテリゲンチャの思想的変遷を描き,ロシア知識人の年代記作家と呼ばれた。医者の直面する諸問題を赤裸々に描いた《医者の記録》(1901)は大評判になった。日露戦争に従軍し《戦場で》(1907‐08)などを書いた。ドストエフスキートルストイを論じた《生きた生活》(1910)も有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベレサーエフ
べれさーえふ
Викентий Викентьевич Вересаев Vikentiy Vikent'evich Veresaev
(1867―1945)

ロシアの小説家。本名スミドービチСмидович/Smidovich。医者の家に生まれ、ペテルブルグ大学文学部卒業後、デルプト大学に進み、医者となる。ペテルブルグで病院勤務のかたわら作家活動を開始。世紀の境目のインテリの内面を描いた中編『道なくして』(1895)、『転機』(1902)などを経て、体験に根ざした『医師の記録』(1901)によって文名を確立した。1900年代には文学サークル「水曜会」に入り、ゴーリキーの文集「ズナーニエ」に参画、また日露戦争に参加して従軍記も書いている。ほかにプーシキン、ゴーゴリに関する精密な伝記的研究が有名。[島田 陽]
『袋一平訳『医者の告白』(三一新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ベレサーエフの関連キーワード藤堂平助ブラントブリジェンス松林廉之助箕浦元章流状組織明治天皇江戸時代キンバリー大政奉還

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone