コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベントス ベントス benthos

翻訳|benthos

6件 の用語解説(ベントスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ベントス(benthos)

底生生物プランクトンなどに対していう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ベントス

底生生物とも。水底に生活する動植物の総称で,生活の様式から区分した生物群。緑藻,紅藻,褐藻,イソギンチャク,ウニ,ヒトデゴカイ,貝類などが含まれるが,海産種のベントスのほとんどは幼生期にはプランクトンとして生活する。
→関連項目底引網

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

海の事典の解説

ベントス

海底あるいは水底に定着するか、海底を這って生活する生物を総称してベントス(底生生物)と呼ぶ。水生生物を生態的に、ネクトン遊泳生物)、プランクト ン(浮遊生物)およびベントスに分類する。貝類や甲殻類、きょく皮動物等がその代表的な例であるが、その中にはかなり遊泳するものがあり、ネクトン等との 区別は必ずしも厳密ではない。 (永田)

出典|(財)日本水路協会 海洋情報研究センター
Copyright(C) Marine Information Research Center, Japan Hydrographic Association. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ベントス【benthos】

海や湖沼・河川の水底で生活する生物。植物では藻類やトチカガミ・ヒルムシロなど、動物ではサンゴ・ウニやヒラメなど。プランクトン・ネクトンに対する語。底生生物。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベントス
ベントス

底生生物」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベントス
べんとす
benthos

河川・湖沼・海洋など水域で生活する生物の生活形による分類で、水底を生活圏としている生物群の総称。水深と底質の状態に適応して生態や形態はきわめて多様である。底生生物ともいう。岩・石・砂などに固着生活している生物として、褐藻のワカメコンブ、紅藻のアサクサノリ、腔腸(こうちょう)動物のサンゴ・イソギンチャク類、海綿動物、節足動物のフジツボ・カメノテなどがある。砂泥中に潜入生活している生物として、環形動物のゴカイ、軟体動物のアサリ・ハマグリなどがある。岩礁や砂泥上を這(は)い回る生物として、節足動物のエビ・カニ類、軟体動物のタコ・サザエ、棘皮(きょくひ)動物のヒトデ・ウニ・ナマコ類などがある。広義にはカレイなどの底生魚類もこの生活形に含まれる。
 底生の海藻や海草は生育に日光を必要とするので、分布は浅所に限られている。動物にはその制約がなく、海洋では深海にまで分布しているが、餌(えさ)の供給量の関係から一般に種数や量は潮間帯でもっとも多く、深くなるにつれ減少する。水生生物の死体が水底に沈降堆積(たいせき)すると、これを分解する役目のバクテリアが活動するが、これも重要な底生生物である。[佐野 昭・高橋正征]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のベントスの言及

【海】より

…海の生物の中には,顕花植物のアマモや,哺乳類のクジラ,アザラシ類などのように,陸上で進化したグループが,再び海に生活の場を求めて適応進化したものもいる。
[海の生態学]
 海の生物の生活型は,大きくプランクトンplankton(浮遊生物),ベントスbenthos(底生生物),ネクトンnekton(遊泳生物)の三つに区別される。プランクトンは,海水中に浮遊して生活し,自らの能力で移動しないものを指し,ネクトンは,強い遊泳能力をもって水中で生活するもので魚類や,イカ・タコの類,エビ類,それに水生哺乳類などが含まれる。…

【海底】より

…それらを調べると2億年よりも古い深海底も,現在の深海底と地殻構造や化学成分にはまったくちがいはなかったことがわかる。【小林 和男】
[海底の生物]
 海底を中心に生活する生物を底生生物(ベントスbenthos)という。ベントスは甲殻類,棘皮(きよくひ)動物,軟体動物,多毛環虫類など多くの動物群を含んでいる。…

【生活型】より

…ろ過食者ともいう)という類型がある。 生活型として最もよく使われるのは,水中生物についてのプランクトンplankton(浮遊生物),ネクトンnekton(遊泳生物),ベントスbenthos(底生生物)という類型であろう。これは呼び名の示すとおり,生物の遊泳能力にもとづく生活型分類である。…

【プランクトン】より

…自分自身に移動力がまったくないか,あってもひじょうに弱く,水の動きに逆らって移動せず,水中に浮遊して生活している生物群集と定義される。水圏の生物群集を生態的に区分するとき,水中を自由に遊泳するネクトンnekton(遊泳生物),海底と接触して生活するベントスbenthos(底生生物)と対比する語として用いられる。プランクトンは大部分が数μmから数cmの小型の生物であり,顕微鏡を用いなければ体の構造はもちろん,その存在さえ確認できないような微細な種類が多いが,傘の径が1mを超すエチゼンクラゲもプランクトンとして扱われる。…

※「ベントス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ベントスの関連キーワード海底火山海底地震海底トンネル海底油田底質払子貝海底ガス田底なしダイビング水底火山水底トンネル

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ベントスの関連情報