ペケ

デジタル大辞泉の解説

ペケ

よくないこと。役に立たないこと。だめ。「あの案はペケになった」
罰点。×印。「ペケをつける」
[補説]あっちへ行け、の意のマレー語pergiから、あるいは、よくないの意の中国語「不可(bùkě)」からかともいわれるが未詳

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ペケ

役に立たぬこと。だめなこと。 「企てがすべて-になる」 「 -にする」
「びり」を表す東京での言い方。 「かけっこで-だった」
「×」のしるしの、主に関西での表現形。 ⇔ まる 「 -をつける」 〔語源については、中国語の「不可プケー」、マレー語の pergi(あっちへ行け)などの諸説あるが未詳〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ペケの関連情報