ペケ

精選版 日本国語大辞典「ペケ」の解説

ペケ

〘名〙 (語源については未詳)
① (形動) 拒否、拒絶するさまにいう語。だめ。いけない。気にいらぬ。また、役に立たないこと。間の抜けていること。また、そのさま。
歌舞伎八幡祭小望月賑縮屋新助)(1860)四幕「『それでは、情人(いろ)だといった新助は』『少しぺけさね』」
※安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉二「相談のできかかったきゃくにペケにされたり」
② (駄目で) ばつじるし。×のばってん

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ペケ」の解説

ペケ

よくないこと。役に立たないこと。だめ。「あの案はペケになった」
罰点。×印。「ペケをつける」
[補説]あっちへ行け、の意のマレー語pergiから、あるいは、よくないの意の中国語「不可(bùkě)」からかともいわれるが未詳。
[類語]記号符号目印マーク標識指標ばつ略号目盛り

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android