ペケ

デジタル大辞泉の解説

よくないこと。役に立たないこと。だめ。「あの案はペケになった」
罰点。×印。「ペケをつける」
[補説]あっちへ行け、ののマレー語pergiから、あるいは、よくないの意の中国語「不可(bùkě)」からかともいわれるが未詳

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (語源については未詳)
① (形動) 拒否、拒絶するさまにいう語。だめ。いけない。気にいらぬ。また、役に立たないこと。間の抜けていること。また、そのさま。
※歌舞伎・八幡祭小望月賑(縮屋新助)(1860)四幕「『それでは、情人(いろ)だといった新助は』『少しぺけさね』」
※安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉二「相談のできかかったきゃくにペケにされたり」
② (駄目の意で) ばつじるし。×の印。ばってん。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android