コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八幡祭小望月賑 ハチマンマツリヨミヤノニギワイ

4件 の用語解説(八幡祭小望月賑の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はちまんまつりよみやのにぎわい〔ハチマンまつりよみやのにぎはひ〕【八幡祭小望月賑】

歌舞伎狂言。世話物。4幕。河竹黙阿弥作。万延元年(1860)江戸市村座初演。文化4年(1807)深川八幡祭で永代橋が落ちた事件と、文政元年(1818)本郷の呉服屋が深川芸者を刺殺した事件を脚色。通称「縮屋新助」「美代吉殺し」。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

はちまんまつりよみやのにぎわい【八幡祭小望月賑】

歌舞伎狂言。世話物。4幕。通称《縮屋新助》《美代吉殺し》河竹黙阿弥作。1860年(万延1)7月江戸市村座初演。配役は縮売越後新助・小天狗正作を4世市川小団次,赤間源左衛門・念仏六兵衛を3世関三十郎,芸者美代吉を岩井粂三郎(のちの8世半四郎),穂積新三郎を河原崎権十郎(のちの9世市川団十郎),白滝の佐吉を13世市村羽左衛門(のちの5世尾上菊五郎)など。1807年(文化4),深川の八幡祭の際,人出の多さに永代橋が落ちた事件と,18年(文政1)本郷の呉服屋甚之助が深川芸者おみのを殺した事件をヒントに,小千谷から毎年江戸へ縮(ちぢみ)を売りにくる越後商人を小団次の柄にはめ,初演は世界を〈切られ与三〉にして脚色。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

はちまんまつりよみやのにぎわい【八幡祭小望月賑】

歌舞伎の一。世話物。河竹黙阿弥作。通称「縮屋新助」。1860年江戸市村座初演。越後の縮屋新助は、永代橋が落ちたときに助けてなじみになった深川芸者に愛想尽かしをされ、これを殺す。永代橋の墜落と、呉服商の芸者殺しの二つの実話を脚色したもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八幡祭小望月賑
はちまんまつりよみやのにぎわい

歌舞伎(かぶき)脚本。世話物。四幕。河竹黙阿弥(もくあみ)作。通称「縮屋新助(ちぢみやしんすけ)」「美代吉(みよきち)殺し」。1860年(万延1)7月、江戸・市村座で4世市川小団次の新助、岩井粂三郎(くめさぶろう)(8世半四郎)の美代吉、河原崎権十郎(9世市川団十郎)の穂積(ほづみ)新三郎らにより初演。1807年(文化4)に深川八幡祭の人出で永代橋が墜落した事件と、本郷の呉服屋の芸者殺しを取り混ぜて脚色。深川八幡の祭礼の日、旅商人の縮屋新助は、深川芸者美代吉を博奕(ばくち)打ち赤間源左衛門の横恋慕から救い、その夜、永代橋の墜落で川へ落ちた美代吉をふたたび助ける。美代吉に恋慕した新助は船中で思いを打ち明け、彼女の恋人穂積新三郎のために必要な金を無理算段して調達する。しかし、美代吉は恩人の妹に義理をたてた新三郎から縁を切られ、やけ酒をあおって満座のなかで新助に愛想づかしをするので、悲憤の新助は妖刀(ようとう)村正で多くの人を殺傷し、洲崎(すさき)の土手で美代吉を殺す。結末は、美代吉を幼時に別れた妹と知った新助が自害するという因果噺(いんがばなし)になっているが、総体に下町の世相人情をリアルに写し、実直な田舎(いなか)者の新助が都会の美妓(びぎ)の魅力にひかれて破滅する過程を鋭く描いた生世話(きぜわ)物の傑作である。新助は初世中村吉右衛門(きちえもん)の当り役の一つであった。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

八幡祭小望月賑の関連キーワード生世話物江戸狂言お静礼三歌舞伎狂言時代狂言島原狂言世話狂言離れ狂言いろは新助小春穏沖津白浪

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone