コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペック Peck, Gregory

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペック
Peck, Gregory

[生]1916.4.5. カリフォルニア,ラホヤ
[没]2003.6.12. カリフォルニア,ロサンゼルス
アメリカ合衆国の俳優。フルネーム Eldred Gregory Peck。すらりとした長身と甘い声,スクリーンで演じる誠実な人物像で観客を魅了した。薬剤師の息子として生まれ,カリフォルニア大学バークリー校の医学部進学課程に入学。在学中に演劇への興味が芽生え,卒業後ニューヨークに移住,ネイバーフッド・プレイハウスで演劇を学んだ。1942年ブロードウェーで初舞台を踏み,『炎のロシア戦線』Days of Glory(1944)でハリウッド映画界にデビュー。脊髄の負傷により第2次世界大戦中の兵役を免除されたため,1940年代は主役級の俳優として抜群の人気を集めた。『王国の鍵』The Keys of the Kingdom(1944),『紳士協定』Gentleman's Agreement(1947)などでアカデミー賞にノミネート。同時代の大物監督の作品に続々と出演し,ヘンリー・キング監督の『頭上の敵機』Twelve O'Clock High(1949)や『キリマンジャロの雪』The Snows of Kilimanjaro(1952)では主人公の複雑な心理をみごとに表現。『ローマの休日』Roman Holiday(1953)ではオードリー・ヘップバーンの相手役を務めた。『アラバマ物語』To Kill a Mockingbird(1962)でアカデミー賞主演男優賞を受賞。市民活動や慈善事業,政治などにも力を注ぎ,アメリカ癌協会や映画芸術科学アカデミーなどの代表職も務めた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ペック

ヤード・ポンド法の体積の単位。記号pk。英国では1ペック=2ガロン=1/4ブッシェル≒9.0922l。米国では固体のみに用い,1ペック=1/4ブッシェル=8クォート≒8.8098l。

ペック

アメリカの映画俳優。カリフォルニア州生れ。カリフォルニア大学卒業。1943年に映画デビュー。1953年に公開されたウィリアム・ワイラー監督《ローマの休日》でオードリー・ヘプバーンの相手役の新聞記者を演じ,俳優としての地位を不動のものとした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ペック【PECC】

〖Pacific Economic Cooperation Council〗
太平洋経済協力会議。環太平洋各国の政・財・学の 3 界の人材からなる連合組織。1980 年発足。本部はシンガポール。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペック
ぺっく
Gregory Peck
(1916―2003)

アメリカの映画俳優。4月5日、カリフォルニア州ラ・ホヤに生まれる。カリフォルニア州立大学医学部を中退、舞台から映画界に入り、女性ファンの強い支持を得た。『王国の鍵(かぎ)』(1944)、『子鹿(こじか)物語』『白昼の決闘』(ともに1946)、『紳士協定』(1947)などに出演。『ローマの休日』(1953)で人気絶頂、性格演技に転じ、『白鯨(はくげい)』(1956)、『大いなる西部』(1958)を経て『アラバマ物語』(1962)でアカデミー主演男優賞を受賞した。また『オーメン』(1976)、『マッカーサー』(1977)、『ブラジルから来た少年』(1979)、『私が愛したグリンゴ』(1989)にも出演。映画業界では人望が高く、映画芸術科学アカデミー会長(1967~70)、映画テレビ俳優組合会長、アメリカ・フィルム・インスティテュート会長の要職をつとめ、俳優の地位向上に尽くした。1987年には東京国際映画祭審査員長として来日した。[日野康一]
『小藤田千栄子編『グレゴリー・ペック のっぽでハンサムなアメリカの誠意』(1977・芳賀書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ペックの関連キーワードリー((Nelle) Harper Lee)アンジェロ ストッパーニ刑事ロニー・クレイブンブラジルから来た少年パトリック オニールアラブ石油輸出国機構クラーク・ベケデレモグレゴリー・ペックジョゼフ ボトムズバート レムゼンデボラ ラフィンナヴァロンの要塞「ローマの休日」石油輸出国機構ジャック タチ宇宙からの脱出ナバロンの要塞艦長ホレーショワスカラン山大いなる西部

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ペックの関連情報