コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペッリコ ペッリコ Pellico, Silvio

2件 の用語解説(ペッリコの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペッリコ
ペッリコ
Pellico, Silvio

[生]1789.6.25. サルッツォ
[没]1854.1.31. トリノ
イタリアの作家,愛国者。リソルジメント (国家統一運動) に参加し,悲劇『フランチェスカ・ダ・リミニ』 Francesca da Rimini (1815) を発表,1818年ロマン派の機関誌『コンチリアトーレ』の創刊に参加,その後カルボナリ党に加わったが捕えられ,22年死刑を宣告されたが,減刑され8年間獄につながれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペッリコ
ぺっりこ
Silvio Pellico
(1789―1854)

イタリアの文学者。愛国者として著名。ピエモンテのサルッツォに生まれる。リヨンでの勉学でフランス文化の教養を身につけたのちミラノに居を定め、フォスコロモンティなどロマン主義先駆けとなった一群の文学者たちと親交を結んだ。悲劇『フランチェスカ・ダ・リーミニ』を書き、1815年、その上演によって一躍名声を得た。当時のロンバルディア地方の情況を特徴づけていた文化的・政治的議論に加わり、19年10月にオーストリアの検閲によって廃刊になるまで、ロマン主義者たちの拠(よ)る有力雑誌『コンチリアトーレ』編集陣の中核となった。20年、カルボナリ(炭焼き党)党員となったが、わずか2か月後に逮捕され、死刑の宣告を受ける。のち懲役15年に減刑になったものの、ミラノからベネチアの牢獄(ろうごく)、さらにモラビア地方のブルノ近郊の要塞(ようさい)の牢にと9年間にわたって服役したその苦悩の体験を、32年公刊の『わが牢獄』に書き綴(つづ)った。30年に恩赦によりトリノへ帰ってからは、さる侯爵家の司書をしながら文筆に励み、54年の死までいかなる政治活動にも無縁に生きた。彼の名声は一に『わが牢獄』に結び付いており、物語のもつ起伏と諦念(ていねん)ともいえる敬虔(けいけん)な思索に満ちた同書は、イタリア・ロマン主義文学の情念の側面を代表する傑作と評価されている。[古賀弘人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ペッリコの関連キーワードメッツォメッツォソプラノメッツォピアノアブルッツォコルティーナダンペッツォトラッツォトレメッツォパラッツォ・テモリーゼ360メッツォ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone