コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペヒシュタイン Pechstein, Max

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペヒシュタイン
Pechstein, Max

[生]1881.12.31. ザクセンツウィッカウ
[没]1955.6.29. ベルリン
ドイツの画家,版画家。ドレスデンの美術学校に学んだ。「ブリュッケ」の一員で,のちに新分離派の創立に参加した。 1919年ベルリンに居を定め,37年ナチスによって退廃芸術家の一人とみなされ弾圧を受けたが,第2次世界大戦後ベルリンの美術学校教授に迎えられた。 E.キルヒナーや E.ヘッケルらとともに表現主義画家の一人であるが,強烈な色彩と対象の単純化が特徴。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ペヒシュタイン

ドイツの画家。ドレスデンアカデミーで学んだのちブリュッケの一員となり,1910年ベルリンでノイエ・ゼツェッシオン(新分離派)を創始した。形態を単純化するが,抽象化しないため具象的表現派と呼ばれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペヒシュタイン
ぺひしゅたいん
Max Pechstein
(1881―1955)

ドイツの画家。12月31日ツウィッカウに生まれる。ドレスデン美術学校に学び、1906年同地で表現主義のグループ「ブリュッケ」(橋派)に加盟、08年グループとともにベルリンに移る。同地で新ベルリン分離派を組織し、10年その代表者となる。この時期までの初期の作品には、表現主義的な要素に装飾性を加味した作風がみられ、比較的理解されやすい絵であったため、「ブリュッケ」のメンバーに先駆けて世俗的な成功を収めた。14年作風の転換を求めて南洋諸島の旅に出発し、パラオ島で先住民と生活をともにした。19年以降ベルリンに定住し、旅の収穫である異国的な偶像の表現を作風に取り入れた。とくにパラオ島の風物をモチーフとする葦(あし)ペンのデッサンは彼の最高の業績とされる。33年ナチスによって制作を禁止されたが、第二次世界大戦後ベルリン高等美術学校の教授に返り咲いた。55年6月29日ベルリンで死去。[野村太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ペヒシュタインの関連キーワードトリノ・オリンピック冬季競技大会スピードスケート表現主義美術現代美術

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android