コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペプシコ ペプシコ PepsiCo, Inc.

2件 の用語解説(ペプシコの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペプシコ
ペプシコ
PepsiCo, Inc.

アメリカ合衆国の清涼飲料スナック食品メーカー。1898年ノースカロライナ薬剤師キャレブ・D.ブラッドハムが消化不良の治療薬として「ペプシコーラ」を開発,1902年ペプシコーラ・カンパニーを設立した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペプシコ
ぺぷしこ
PepsiCo Inc.

コカ・コーラに次ぐ世界有数のアメリカの清涼飲料メーカー。主力製品は清涼飲料のペプシ・コーラ。スナック食品メーカーとしても世界的規模を誇る。ノース・カロライナの薬剤師キャレブ・ブラッドハムCaleb Bradham(1866―1934)が調合した消化不良の治療薬がペプシ・コーラのルーツである。コーラ・ナッツコーラノキの種子)、バニラビーンズを主原料としたが、後に消化酵素ペプシンから「ペプシ・コーラ」と名づけられた。1902年にペプシ・コーラ社Pepsi Cola Co.が設立され、コーラ飲料の本格的な販売を始めた。第一次世界大戦後、砂糖の価格急騰などの影響による生産コストの上昇から、ブラッドハムは商標を売却して経営を断念した。その後、オーナーがたびたびかわり破産寸前にまで経営が悪化した時期もあったが、1940年代にはすでにコカ・コーラに次ぐ第2位の清涼飲料メーカーにまで成長し、1948年に本社をニューヨークに移転した。1950年代初め、コカ・コーラ社の元重役アルフレッドスティールが社長に就任。彼はボトルデザインを改良して、妻で女優のジョーン・クロフォードを宣伝キャラクターに採用するなど、精力的な宣伝活動を展開した。1965年、スナック食品メーカーのフリトレーFrito-Lay, Inc.を傘下に加えて、現在のペプシコを設立。1977年にファーストフードのピザハットPizza Hut、1978年にはメキシカン・タコスのチェーン店タコベルTaco Bellを傘下に加えた。1986年、フィリップ・モリスから清涼飲料セブンアップの海外販売部門を買収したほか、同年RJRナビスコからケンタッキー・フライド・チキンKFC Corp.を8億5000万ドルで買収して、ペプシコは当時世界最大級のフード・レストラン事業者となったが、1997年にはレストラン部門をすべて売却した。フルーツジュース飲料会社のトロピカーナTropicana Products, Inc.を1998年に取得以後は、飲料事業のペプシ・コーラ社、スナック食品事業のフリトレー社、フルーツジュース事業のトロピカーナ社の3社を柱に世界的な事業展開を行う。1999年の売上高203億6700万ドルのうち、スナック食品事業が売上げの6割を占めた。
 日本では、1956年(昭和31)に一般販売が許可された後、1958年に日本ペプシコーラが設立された。1997年(平成9)にサントリーと提携契約を結び、翌1998年1月にサントリーがペプシ・コーラのマスターフランチャイズ権を取得、日本国内でのマーケティングおよび製造・販売を行っている。[萩原伸次郎]

その後の動き

2003年にユニリーバと折半出資で、紅茶飲料などを手がける合弁会社ペプシ・リプトン・インターナショナルPepsi Lipton Internationalを設立。ペプシコの2008年の売上高は432億5100万ドル、純利益58億8700万ドル。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ペプシコの関連キーワードアングロアメリカ北アメリカスナック食品アメリカン合衆国ネブラスカ亜米利加アメリカ連合国アメリカ合衆国最高裁判所アメリカ合衆国陸軍士官学校

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ペプシコの関連情報