コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペリエ 〈フランス〉Perrier

デジタル大辞泉プラスの解説

ペリエ

ネスレグループが販売するボトルドウォーター。フランス産の発泡性天然ミネラル水(硬水)。世界的に知られる代表的な発泡性ミネラル水で、「プレーン」のほかに「ライム」「レモン」のフレーバーウォーターがある。日本での販売元はサントリー。欧文表記は「Perrier」。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ペリエ【Casimir‐Pierre Périer】

1777‐1832
フランスの政治家,銀行家グルノーブルの大産業家の家に生まれ,リヨンパリで教育を受けた後,1801年に兄アントアーヌと協力してパリに銀行を設立し,まず銀行家として成功を収めた。次いで17年に,パリ3区から下院議員に選出され,政界に入った。議会では立憲君主派に属し,財政通として頭角を現した。その後,次第に左派に転じ,自由派議員グループの指導者の一人としてルイ・フィリップの七月王政の成立に積極的な役割を果たした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペリエ
ぺりえ
Casimir Prier
(1777―1832)

フランスの政治家。ペリエ銀行の頭取、フランス銀行の理事であったが、1817年に衆議院議員に選出されてから政界で活躍するようになった。復古王政期には自由主義的議員を集め率先して政府批判を行った。1830年の七月革命後抵抗党の領袖(りょうしゅう)としてルイ・フィリップ王政を支持し、1831年3月にラフィットにかわって内閣を組織した。外交面ではウィーン体制維持を唱えながら、ベルギーにフランス軍を派遣した。内政では秩序の回復を最優先させて推進するとともに、11月のリヨンの暴動を鎮圧した。翌1832年ペストの流行のなかパリ市立病院を訪れ、ペストに感染して死亡した。[本池 立]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

ペリエ

生年月日:1777年10月21日
フランスの政治家
1832年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

ペリエの関連キーワードロッシュ(フランスの天文物理学者、地球物理学者、数学者)ルブラン(Charles Le Brun)ペリエ ジュエ アニバーサリーエディションパスカル(Blaise Pascal)J. ブラウン・ブランケヴードゥー・チャイルドラングドックルシヨンル・ロア・ラデュリフォクシー・レディジョセフ グラセーリトル・ウイング八点鐘が鳴るときモンペリエ大学風の中のマリー八点鐘が鳴る時サンペレグリノルイ ニコリンショーリアックペリエカードカビリアの夜

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ペリエの関連情報