コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペルッツィ家 ペルッツィけPeruzzi

2件 の用語解説(ペルッツィ家の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペルッツィ家
ペルッツィけ
Peruzzi

中世イタリアフィレンツェの貴族の家系,大金融業者。 12世紀頃までにはすでに有力貴族であったが,1260年フィリッポ・ディ・アミデオが教皇派 (グェルフィ) 連合の指導者となり,84年に新設されたプリオレ (市執政官) 職に選ばれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ペルッツィけ【ペルッツィ家】

中世フィレンツェの大商人の一族。同市のサンタクローチェ地区に居住し,現在でもペルッツィPeruzzi広場にその名をとどめる。バルディ家と同様,13世紀後半~14世紀前半に国際的商業・金融業,毛織物工業に活躍し,富を蓄積して有力化した。各地に支店をもち,各地の権力者に金融を行い,代償としてさまざまの経済的特権を獲得したが,イギリス王への債権(ある史料によれば60万フィオリーニ)やナポリ王への債権の回収が不可能となり,1345年に倒産した(ちなみに,ビラーニG.Villaniの《年代記》によれば,1339年の項にはフィレンツェの年間財政収入は30万フィオリーニとある)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone