コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペルニク Pernik/Перник

デジタル大辞泉の解説

ペルニク(Pernik/Перник)

ブルガリア西部の都市。首都ソフィアの南西約30キロメートル、ストルマ川沿いのペルニク渓谷に位置する。19世紀末に炭鉱が見つかり、20世紀以降重工業で発展。共産党時代の1949年から1962年まで、第二次大戦後間もなく同国首相を務めた共産党指導者ゲオルギ=ディミトロフの名から、ディミトロボと呼ばれた。第一次ブルガリア帝国時代の11世紀に築かれたクラクラ公の要塞跡、文化宮殿、炭鉱博物館などがある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ペルニクの関連キーワードクーン(Thomas Samuel Kuhn)レコード(Robert Recorde)オーウェン・ジェイ ギンガーリッチニコラス・コペルニクスゲオルギ ディミトロフゲオルギ パルバノフコペルニクス的転回天球の回転について天体の回転についてジョン バンビルコペルニクス原理コペルニクス体系インターコスモスアリスタルコスコペルニシウム復興期の精神フォントネルバッターニーフロムボルクヘルメス思想

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android