コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペーター・カーメンチント ペーター・カーメンチント Peter Camenzind

2件 の用語解説(ペーター・カーメンチントの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペーター・カーメンチント
ペーター・カーメンチント
Peter Camenzind

ドイツの作家 H.ヘッセの小説。 1904年刊。スイスの高地生れのペーターは都会に出て友情,恋愛を知り,教養を積みながらも,都会生活の虚偽を知り,自分の仕事が自然の神秘,美しさを,文学を通して人々に伝えることにあると悟る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペーター・カーメンチント
ぺーたーかーめんちんと
Peter Camenzind

ドイツの作家ヘッセ長編小説。1904年刊。スイス・アルプスの湖畔の小村に自然を友として成長した主人公ペーターが、さまざまな体験を経てしだいに自我に目覚め、文学にも目を開くが、やがて勤務地の大都会への幻滅、アッシジの聖フランチェスコに心ひかれての巡礼行、不幸な身体障害者への愛の献身などがあったのち、最後に、老父の病気のため故郷に帰り、村のために働く決意をする。ドイツ伝統の教養小説の一つ。この小説の大成功でヘッセは作家生活に入ったが、ここには作者の生涯の重要なモチーフがほとんどすべて含まれ、とくに、全編にみなぎる清新な叙情性で、持続的な人気がある。[藤井啓行]
『高橋健二訳『郷愁』(新潮文庫) ▽関泰祐訳『青春彷徨』(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ペーター・カーメンチントの関連キーワード車輪の下西ドイツヒルデスハイマーヘッセ統一ドイツヘッセントーマス・マンドイツの小さな町4つの最後の歌ヘッセの定理

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone