コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホウキムシ Phoronis australis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホウキムシ
Phoronis australis

触手動物門ホウキムシ綱ホウキムシ目ホウキムシ科。体長 9cm。体は肌色で細長く,体表から粘液を分泌してつくったに入り,前端に触手冠をもつ。触手および口上突起は濃紫褐色で,触手の長さは1~1.5cmほどである。内湾の浅い砂泥底に群生し,ときにハナギンチャクの棲管に共生する。千葉県以南 (太平洋側) および能登半島以南 (日本海側) に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ホウキムシ

触手動物ホウキムシ類総称。体は5〜10cmくらいの細長い円筒状で,体表から分泌した粘液で管を作ってその中にすみ,海底の砂泥中に埋まる。単独のものと,からみ合って群生しているものがあり,口の周囲にある2列の触手環で餌をとる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホウキムシ
ほうきむし / 箒虫
phoronids

触手動物門ホウキムシ綱の海産小動物の総称、またはそのなかの一種。浅海の砂の中や岩の上に棲管(せいかん)とよばれる管を分泌してその中にすむ小形の長虫状動物。世界中で2属10種ほど、日本からは1属2種が知られている。先端に触手の束を備えた細長い円筒形のからだを箒(ほうき)に見立ててこの名がついている。触手は数十から数百本を数え、触手冠を形成する。触手冠は、触手数の少ない種では馬蹄(ばてい)形をしているが、多くなると複雑に巻いて左右二つの螺旋(らせん)環をつくる。消化管はU字形で、肛門(こうもん)は触手冠の外側に開口する。血管系は閉鎖型。赤血球をもつ。排出器と生殖輸管を兼ねた1対の腎管(じんかん)がある。種によって雌雄異体または同体。受精卵はアクチノトロカとよばれる美しい形の幼生へと発達する。この幼生はしばらく海中を遊泳したのち、着底・変態して成体となる。
 ホウキムシPhoronis australisは、体長20センチメートルにもなる大形種で、ムラサキハナギンチャクの棲管の中に穴を掘ってすむ。日本からはもう1種ヒメホウキムシPh. ijimaiが知られている。この種は海底の岩の上などに大群をなして付着することが多く、体長は3~10センチメートル。なお、分類学上、この動物群を門の段階に昇格させて扱う考え方もある。[馬渡峻輔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ホウキムシの関連キーワードムラサキハナギンチャクアクチノトロカ幼生ホウキムシ(箒虫)アクチノトロカ池田 岩治擬軟体動物池田岩治苔形動物触手動物前肛動物箒虫動物腕足類幼生箒虫

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android