コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホウキムシ ホウキムシ Phoronis australis

3件 の用語解説(ホウキムシの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホウキムシ
ホウキムシ
Phoronis australis

触手動物門ホウキムシ綱ホウキムシ目ホウキムシ科。体長 9cm。体は肌色で細長く,体表から粘液を分泌してつくった管に入り,前端に触手冠をもつ。触手および口上突起は濃紫褐色で,触手の長さは1~1.5cmほどである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ホウキムシ

触手動物ホウキムシ類の総称。体は5〜10cmくらいの細長い円筒状で,体表から分泌した粘液で管を作ってその中にすみ,海底の砂泥中に埋まる。単独のものと,からみ合って群生しているものがあり,口の周囲にある2列の触手環で餌をとる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホウキムシ
ほうきむし / 箒虫
phoronids

触手動物門ホウキムシ綱の海産小動物の総称、またはそのなかの一種。浅海の砂の中や岩の上に棲管(せいかん)とよばれる管を分泌してその中にすむ小形の長虫状動物。世界中で2属10種ほど、日本からは1属2種が知られている。先端に触手の束を備えた細長い円筒形のからだを箒(ほうき)に見立ててこの名がついている。触手は数十から数百本を数え、触手冠を形成する。触手冠は、触手数の少ない種では馬蹄(ばてい)形をしているが、多くなると複雑に巻いて左右二つの螺旋(らせん)環をつくる。消化管はU字形で、肛門(こうもん)は触手冠の外側に開口する。血管系は閉鎖型。赤血球をもつ。排出器と生殖輸管を兼ねた1対の腎管(じんかん)がある。種によって雌雄異体または同体。受精卵はアクチノトロカとよばれる美しい形の幼生へと発達する。この幼生はしばらく海中を遊泳したのち、着底・変態して成体となる。
 ホウキムシPhoronis australisは、体長20センチメートルにもなる大形種で、ムラサキハナギンチャクの棲管の中に穴を掘ってすむ。日本からはもう1種ヒメホウキムシPh. ijimaiが知られている。この種は海底の岩の上などに大群をなして付着することが多く、体長は3~10センチメートル。なお、分類学上、この動物群を門の段階に昇格させて扱う考え方もある。[馬渡峻輔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホウキムシの関連キーワード触手動物前肛動物箒虫星虫輪形動物苔虫ハリガネムシホシカムシ類ホウキムシ(箒虫)触手動物門

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone