コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホウネンエビ Branchinella kugenumaensis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホウネンエビ
Branchinella kugenumaensis

鰓脚綱無甲目ホウネンエビ科 Chirocephalidae。体長 2cmの細長い円筒形で,甲をもたない。葉状の付属肢をもつ 11節と,もたない 9節からなり,最後部の体節には尾脚が一対ある。体は緑色半透明で,尾脚の先端部は紅色。背を下にして付属肢をすばやく巧みに動かして遊泳する。日本,中国,インドに分布し,初夏,水田などに出現する。カブトエビとともに見られることが多いが,ともに寿命が短い。本種が大発生する年は豊年であるという言い伝えからその名がある。ホウネンエビ科は一般に fairy shrimpと総称される。(→甲殻類鰓脚類節足動物

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ホウネンエビ

甲殻綱鰓脚(さいきゃく)目ホウネンエビ科。体長1.5〜2cm。甲殻類としては下等で,体は細長く,多くの体節からなり,甲殻を欠き,有柄の複眼をもつ。ほとんど無色〜淡緑色。神経系ははしご形。背側を下にして泳ぐ。日本では関東以西に多く,韓国,中国東北・中部にも分布。初夏特に日照りが続く時などに西日本の水田などに多量に出現する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホウネンエビ
ほうねんえび / 豊年蝦
fairy shrimp
[学]Branchinella kugenumaensis

節足動物門甲殻綱無甲目ホウネンエビ科に属する淡水動物。甲殻類の原型を思わせる原始的な形態をもつ。体長2センチメートルほどの細長い円筒形で、甲をもたない。頭部に続いて脚(あし)をもつ体節が11、脚をもたない体節が9あり、最後の体節には細長い尾肢が1対ある。無色半透明であるが、美しい緑色を帯びていることも多い。尾肢は朱赤色。日本各地のほか、朝鮮半島、中国中部、インドからも知られ、初夏のころ水田などに出現し、背を下にして脚のすばやい動きで巧みに遊泳する。卵嚢(らんのう)は長三角形で、卵は乾燥に耐える。大発生する年は豊年であるという言い伝えがあり、名はそれに由来する。[武田正倫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ホウネンエビの関連情報