コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホウライチク(蓬萊竹) ホウライチクBambusa multiplex (Lour.) Raeusch.

世界大百科事典 第2版の解説

ホウライチク【ホウライチク(蓬萊竹) Bambusa multiplex (Lour.) Raeusch.】

イネ科の中型のタケ。(かん)はイネの株のようにかたまってはえ,たけのこが夏ごろから出るので土用竹若竹が株の外側に出て内側の老竹を守っている姿から孝行竹,強い再生力のあることから達磨(だるま)竹などの名がある。原産地は熱帯アジアであるが,日本の暖地にもよく育つ。かたまってはえるのは,この属の特徴であるが,これは地下茎が短く地上の稈に連なっているからである。高さ8mになるものもある。節ごとの枝の数は数本以上叢生(そうせい)し,小枝に細長い葉が6~16枚,羽状につく。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ホウライチク(蓬萊竹)の関連キーワードイネ科

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android