コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホウ酸(硼酸) ほうさんboric acid

世界大百科事典 第2版の解説

ほうさん【ホウ酸(硼酸) boric acid】

ホウ素のオキソ酸の総称で,オルトホウ酸,メタホウ酸,四ホウ酸などがある。
[オルトホウ酸]
 化学式B(OH)3。これを単にホウ酸ということもある。天然にはホウ酸石として火山の噴気口に産し,イタリアのトスカナ地方のものは有名である。ホウ酸塩を硫酸,塩酸等と反応させるとたやすく生じ,また酸化ホウ素を水と反応させても得られる。比重1.48,融点170.9℃。透明な無色の六角片状である。構造は図1に示すように,平面状のBO3団が水素結合でつながった巨大分子である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のホウ酸(硼酸)の言及

【殺菌剤】より

…アクリノールは水に溶けないため乳酸塩にしてから,創傷殺菌剤としてガーゼなどに浸して使用する。ホウ(硼)酸も殺菌作用を有し,1~2%液で眼などの洗浄に用いられていたが,5~10%の割に加えたホウ酸軟膏が皮膚疾患に使われるようになった。食品の防腐剤として用いられたこともあったが,現在では禁止されている。…

※「ホウ酸(硼酸)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ホウ酸(硼酸)の関連キーワード酸化ホウ素

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android