コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オキソ酸 オキソさんoxygen acid; oxyacid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オキソ酸
オキソさん
oxygen acid; oxyacid

酸素酸,オキシ酸ともいう。酸素を含む無機酸で,中心原子に結合する原子がすべて酸素であり,酸素の一部または全部に水素がついて水酸基となり,水溶液中でこの水素が解離して酸の性質を与える。硫酸,硝酸,リン酸など無機の重要な酸はほとんど酸素酸であり,塩酸,フッ化水素酸のような水素酸に対比される。酸性酸化物と水との反応によってつくられる。塩素のように種々の原子価をもち,各種の酸素酸をつくるときは,最も一般的な原子価のものを標準にとり,中心原子の元素名をつけて塩素酸,リン酸のように命名する。標準の酸より大きい酸化数の酸は,たとえば過塩素酸のように呼ぶ。酸化数の低いときは低い順に次,次亜接頭語をつけて呼ぶことがある。同じ酸化数であっても,水和度が最大のものをオルト酸,最小のものをメタ酸と呼ぶ。酸素酸中の --O-- を --O--O-- で置換したものをペルオキソ酸という (ペルオキソ硝酸 HNO4 など) 。オルト酸2分子から水1分子を除いた組成の酸には,ピロという接頭語をつけて呼ぶことがある (ピロ硫酸 H2S2O7 ,ピロリン酸 H4P2O7 など) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

オキソ酸【オキソさん】

酸素を含む無機酸で,水素酸に対する語。古くは,酸素酸,オキシ酸ともいう。酸素以外の非金属または金属原子に酸素が結合した陰イオンをもつ酸で,一般に酸性酸化物と水とから生じる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オキソさん【オキソ酸 oxo‐acid】

酸素を含む無機酸,すなわち酸素以外の非金属または金属原子に酸素(酸素原子の配位子名をオキソという)が配位した陰性成分を有する酸をいう。古くオキシ酸oxy‐acidあるいは酸素酸などといった。水素酸に対する語。またオキソのかわりにヒドロキソOHの配位した成分を有する酸,すなわちヒドロキソ酸hydroxo‐acidもオキソ酸の中に含めることもある。たとえばH[Sb(OH)6]などがそうである。通常,酸性酸化物と水とが反応して得られた形式をもっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

オキソさん【オキソ酸】

イオンとして解離しうる水素が酸素原子に結合している酸。硫酸・リン酸など、酸の多くはオキソ酸である。オキシ酸。オクソ酸。酸素酸。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オキソ酸
おきそさん
oxoacid

酸素酸ともいい、有機化学ではヒドロキシカルボン酸のことをいうこともある。形式上、酸化物と水とが結合した組成をもち、中心原子Xの周りにOHあるいはOが配位した構造[XOm-n(OH)n]をもち、一般式HnXOmをとる。たとえば硝酸と硫酸は形式的に次の反応で生ずるといえる。

硝酸の構造は窒素原子を中心とする三角形の頂点に3個の酸素原子があり、酸素原子のうちの1個に水素原子が結合した形である。硫酸は、硫黄(いおう)原子を中心にした四面体の頂点に4個の酸素原子があり、そのうちの2個に水素原子が結合した構造と考えられている。
 中心原子の酸化数によって組成と名称は異なる。塩素のオキソ酸を例にとると以下のようになる。
[岩本振武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のオキソ酸の言及

【酸・塩基】より

… 一酸塩基 NH3,KOH,NaOH 二酸塩基 Ca(OH)2,Ba(OH)2 三酸塩基 La(OH)3,[Co(NH3)6](OH)3なお,塩基度2以上の酸を多塩基酸,酸度2以上の塩基を多酸塩基という。
[酸の種類]
 酸には,ハロゲン化水素(HF,HCl,HBr,HI)や硫化水素H2S,シアン化水素HCNなどを水に溶かした水素酸のような二元酸に対し,多元酸では,中心原子に酸化物イオンO2-の配位した陰イオンを成分とするオキソ酸(古くは酸素酸あるいはオキシ酸といった)が古くからよく知られている。たとえば,硝酸HNO3,過塩素酸HClO4,硫酸H2SO4,炭酸H2CO3,リン酸H3PO4などである。…

【水素酸】より

…たとえば塩酸HCl,ヨウ化水素酸HI,硫化水素酸H2S,シアン化水素酸HCN,クロロ白金(IV)酸H2PtCl6などがその例である。これに対して,硫酸H2SO4,硝酸HNO3,リン酸H3PO4,クロム酸H2CrO4などのような酸素を含む酸はオキソ酸(以前は酸素酸といった)という。またカルボキシル基,水酸基を有する有機酸,たとえば酢酸CH3COOH,酒石酸(CHOH)2(COOH)2などはカルボン酸と呼び水素酸とはいわない。…

※「オキソ酸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オキソ酸の関連キーワード分枝アミノ酸アミノトランスフェラーゼキヌレニントランスアミナーゼメープルカエデシロップ病モリブデン酸アンモニウムアミノトランスフェラーゼトランスアミネーション過マンガン酸カリウムアミノ酸オキシダーゼ酸化的脱アミノ反応カエデシロップ尿症マンガン酸カリウムトランスアミナーゼ分枝2リンモリブデン酸チアミン二リン酸ホウ酸(硼酸)分岐鎖αケト酸オキサロ酢酸重クロム酸酸素化合物