コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オキソ酸 オキソさん oxygen acid; oxyacid

7件 の用語解説(オキソ酸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オキソ酸
オキソさん
oxygen acid; oxyacid

酸素酸,オキシ酸ともいう。酸素を含む無機酸で,中心原子に結合する原子がすべて酸素であり,酸素の一部または全部に水素がついて水酸基となり,水溶液中でこの水素が解離して酸の性質を与える。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

オキソ‐さん【オキソ酸】

oxoacid》「酸素酸(さんそさん)」に同じ。オキシ酸。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

オキソ酸【オキソさん】

酸素を含む無機酸で,水素酸に対する語。古くは,酸素酸,オキシ酸ともいう。酸素以外の非金属または金属原子に酸素が結合した陰イオンをもつ酸で,一般に酸性酸化物と水とから生じる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

オキソ酸

 ケト酸ともいい,分子内にカルボキシル基カルボニル基両方をもっている化合物.2-オキソグルタル酸(α-ケトグルタル酸),2-オキソプロピオン酸ピルビン酸)など,代謝上重要な化合物がある

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

オキソさん【オキソ酸 oxo‐acid】

酸素を含む無機酸,すなわち酸素以外の非金属または金属原子に酸素(酸素原子の配位子名をオキソという)が配位した陰性成分を有する酸をいう。古くオキシ酸oxy‐acidあるいは酸素酸などといった。水素酸に対する語。またオキソのかわりにヒドロキソOHの配位した成分を有する酸,すなわちヒドロキソ酸hydroxo‐acidもオキソ酸の中に含めることもある。たとえばH[Sb(OH)6]などがそうである。通常,酸性酸化物と水とが反応して得られた形式をもっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

オキソさん【オキソ酸】

イオンとして解離しうる水素が酸素原子に結合している酸。硫酸・リン酸など、酸の多くはオキソ酸である。オキシ酸。オクソ酸。酸素酸。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オキソ酸
おきそさん
oxoacid

酸素酸ともいい、有機化学ではヒドロキシカルボン酸のことをいうこともある。形式上、酸化物と水とが結合した組成をもち、中心原子Xの周りにOHあるいはOが配位した構造[XOm-n(OH)n]をもち、一般式HnXOmをとる。たとえば硝酸と硫酸は形式的に次の反応で生ずるといえる。

硝酸の構造は窒素原子を中心とする三角形の頂点に3個の酸素原子があり、酸素原子のうちの1個に水素原子が結合した形である。硫酸は、硫黄(いおう)原子を中心にした四面体の頂点に4個の酸素原子があり、そのうちの2個に水素原子が結合した構造と考えられている。
 中心原子の酸化数によって組成と名称は異なる。塩素のオキソ酸を例にとると以下のようになる。
[岩本振武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のオキソ酸の言及

【酸・塩基】より

… 一酸塩基 NH3,KOH,NaOH 二酸塩基 Ca(OH)2,Ba(OH)2 三酸塩基 La(OH)3,[Co(NH3)6](OH)3なお,塩基度2以上の酸を多塩基酸,酸度2以上の塩基を多酸塩基という。
[酸の種類]
 酸には,ハロゲン化水素(HF,HCl,HBr,HI)や硫化水素H2S,シアン化水素HCNなどを水に溶かした水素酸のような二元酸に対し,多元酸では,中心原子に酸化物イオンO2-の配位した陰イオンを成分とするオキソ酸(古くは酸素酸あるいはオキシ酸といった)が古くからよく知られている。たとえば,硝酸HNO3,過塩素酸HClO4,硫酸H2SO4,炭酸H2CO3,リン酸H3PO4などである。…

【水素酸】より

…たとえば塩酸HCl,ヨウ化水素酸HI,硫化水素酸H2S,シアン化水素酸HCN,クロロ白金(IV)酸H2PtCl6などがその例である。これに対して,硫酸H2SO4,硝酸HNO3,リン酸H3PO4,クロム酸H2CrO4などのような酸素を含む酸はオキソ酸(以前は酸素酸といった)という。またカルボキシル基,水酸基を有する有機酸,たとえば酢酸CH3COOH,酒石酸(CHOH)2(COOH)2などはカルボン酸と呼び水素酸とはいわない。…

※「オキソ酸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

オキソ酸の関連キーワード酸素酸酸素富化膜細胞呼吸無酸素有酸素酸素運搬能酸素分圧脱酸素低酸素血二重標識水

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone