コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホジェン(赫哲)族 ホジェンぞくHezhen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホジェン(赫哲)族
ホジェンぞく
Hezhen

中国とロシアの極東国境周辺に住む少数民族。ロシア側では,かつてはゴルディ Goldiと呼ばれ,現在はナナイ Nanaiと自称する。中国側の人口は約 2970 (1990) 。言語はアルタイ諸語のマンチュー (満州) =ツングース語派南方ツングース語に属する。河川での漁労を生業とし,サケ,マス,チョウザメなどを捕獲するが,河川の凍結する冬期には森林での狩猟も行う。かつては中国,ロシア,日本など広範囲での交易にも従事しており,日本では「山丹人」の名で知られた。熊や虎の崇拝,およびシャーマニズムが信仰上の特徴であったが,現在は衰退している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ホジェン(赫哲)族【ホジェンぞく】

中国,黒竜江省東部の黒竜江アムール川)・ウスリー川・松花江の間の〈三江平原〉に居住する民族。中国の少数民族のなかで人口がとくに少ない集団の一つで,ロシアのナナイ族と同じ民族。
→関連項目黒竜江[省]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報