コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホジェン(赫哲)族 ホジェンぞく Hezhen

2件 の用語解説(ホジェン(赫哲)族の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホジェン(赫哲)族
ホジェンぞく
Hezhen

中国とロシアの極東国境周辺に住む少数民族。ロシア側では,かつてはゴルディ Goldiと呼ばれ,現在はナナイ Nanaiと自称する。中国側の人口は約 2970 (1990) 。言語はアルタイ諸語のマンチュー (満州) =ツングース語派南方ツングース語に属する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ホジェン(赫哲)族【ホジェンぞく】

中国,黒竜江省東部の黒竜江アムール川)・ウスリー川・松花江の間の〈三江平原〉に居住する民族。中国の少数民族のなかで人口がとくに少ない集団の一つで,ロシアのナナイ族と同じ民族。
→関連項目黒竜江[省]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ホジェン(赫哲)族の関連キーワード少数民族問題ブリヤート南投ジンカタイのクアイ族タイの山岳民族ロシア極東と中国の貿易ミャンマー少数民族新疆の国境少数民族への優遇政策

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone