コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホッター Hans Hotter

2件 の用語解説(ホッターの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ホッター【Hans Hotter】

1909‐2003
ドイツのバス・バリトン歌手。ミュンヘンで育ち,同地で声楽のほかに音楽学と哲学を学ぶ。1929年デビュー。37年ミュンヘン国立歌劇場の歌手となり,R.シュトラウスオペラ《平和の日》と《カプリッチョ》の初演の舞台に立つ。第2次大戦後,国際的に活躍するようになり,とくにバイロイト音楽祭ワーグナーの楽劇の主役を次々に歌って,20世紀最大の〈ワーグナー歌手〉と称賛された。彫りの深い堂々たる風格の歌いぶりで,72年オペラ界を引退してからは,歌曲の分野で演奏活動を続けている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホッター
ほったー
Hans Hotter
(1909―2003)

オーストリアのバス・バリトン歌手。ミュンヘンで哲学、ついで指揮、オルガン演奏など幅広く音楽を学び、当初教会音楽家として活動する。1930年オペラにデビュー。以後約10年間ハンブルクで活躍したのち、ミュンヘンを中心にドイツ、オーストリアの主要歌劇場で、第二次世界大戦後はロンドンニューヨークなどでも活躍した。ワーグナーの作品の歌唱、なかでも『ニーベルングの指環(ゆびわ)』のウォータンに代表される知性的で緊張感のある解釈で高い評価を獲得、20世紀なかばのもっとも優れたワーグナー歌手の一人とされた。1950年代から60年代前半は、バイロイト音楽祭で数々の名唱を残した。一方、1941年からは歌曲のリサイタルを始め、彫りの深い表現で知られたシューベルト『冬の旅』の歌唱は127回に及んだ。72年オペラの舞台からは引退、その後はベルクの『ルル』など限られた役しか引き受けず、歌曲を中心に活動を続けた。教育者としても名高い。1962年(昭和37)初来日。[美山良夫]
『ウィーン国立歌劇場友の会編、香川檀訳『ウィーン・オペラの名歌手(1)』(1988・音楽之友社) ▽ペネロペ・テューリング著、住田健二訳『ハンス・ホッター――名歌手の横顔』(1994・音楽之友社)』
「ショルティ指揮、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団演奏『ワーグナー:楽劇「ワルキューレ」全曲』CD4枚組(1997・ユニバーサルミュージック) ▽同指揮、同演奏『ワーグナー:楽劇「ジークフリート」全曲』CD4枚組(1997・ユニバーサルミュージック) ▽『シューベルト:歌曲集「冬の旅」』(1997・東芝EMI)」

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ホッターの関連キーワードHomeStyle+科学技術インターナビ・プレミアムクラブ産業再生法ショーン ペンWAXスバルレオポルド2世松田龍平スカイハイ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ホッターの関連情報