コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホッター Hans Hotter

2件 の用語解説(ホッターの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ホッター【Hans Hotter】

1909‐2003
ドイツのバス・バリトン歌手。ミュンヘンで育ち,同地で声楽のほかに音楽学と哲学を学ぶ。1929年デビュー。37年ミュンヘン国立歌劇場の歌手となり,R.シュトラウスオペラ《平和の日》と《カプリッチョ》の初演の舞台に立つ。第2次大戦後,国際的に活躍するようになり,とくにバイロイト音楽祭ワーグナーの楽劇の主役を次々に歌って,20世紀最大の〈ワーグナー歌手〉と称賛された。彫りの深い堂々たる風格の歌いぶりで,72年オペラ界を引退してからは,歌曲の分野で演奏活動を続けている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホッター
ほったー
Hans Hotter
(1909―2003)

オーストリアのバス・バリトン歌手。ミュンヘンで哲学、ついで指揮、オルガン演奏など幅広く音楽を学び、当初教会音楽家として活動する。1930年オペラにデビュー。以後約10年間ハンブルクで活躍したのち、ミュンヘンを中心にドイツ、オーストリアの主要歌劇場で、第二次世界大戦後はロンドンニューヨークなどでも活躍した。ワーグナーの作品の歌唱、なかでも『ニーベルングの指環(ゆびわ)』のウォータンに代表される知性的で緊張感のある解釈で高い評価を獲得、20世紀なかばのもっとも優れたワーグナー歌手の一人とされた。1950年代から60年代前半は、バイロイト音楽祭で数々の名唱を残した。一方、1941年からは歌曲のリサイタルを始め、彫りの深い表現で知られたシューベルト『冬の旅』の歌唱は127回に及んだ。72年オペラの舞台からは引退、その後はベルクの『ルル』など限られた役しか引き受けず、歌曲を中心に活動を続けた。教育者としても名高い。1962年(昭和37)初来日。[美山良夫]
『ウィーン国立歌劇場友の会編、香川檀訳『ウィーン・オペラの名歌手(1)』(1988・音楽之友社) ▽ペネロペ・テューリング著、住田健二訳『ハンス・ホッター――名歌手の横顔』(1994・音楽之友社)』
「ショルティ指揮、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団演奏『ワーグナー:楽劇「ワルキューレ」全曲』CD4枚組(1997・ユニバーサルミュージック) ▽同指揮、同演奏『ワーグナー:楽劇「ジークフリート」全曲』CD4枚組(1997・ユニバーサルミュージック) ▽『シューベルト:歌曲集「冬の旅」』(1997・東芝EMI)」

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホッターの関連キーワード西ドイツバリオン数バリトン統一ドイツバリトンサキソホンバリトンサックス偽りと死のバラッドドイツの小さな町ドイツ・レクイエム夕星の歌

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ホッターの関連情報