コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホッペ=ザイラー Hoppe-Seyler, Ernst Felix (Immanuel)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホッペ=ザイラー
Hoppe-Seyler, Ernst Felix (Immanuel)

[生]1825.12.26. フライブルク
[没]1895.8.10. ボーデン
ドイツの医師,生化学者。今日「生化学」と呼ばれる学問分野 (当時の生理化学) の先駆者。 1856年よりベルリン大学で R.ウィルヒョーの助手。のち同大学助教授。テュービンゲン大学教授 (1861) を経て,シュトラスブルク大学の生理化学教授 (72) 。血色素,蛋白質,葉緑素の化学的研究,体液や体組織の分析,代謝の研究などで,多くの業績を上げた。また,ヘモグロビンを結晶の形で取出すことに成功。 77年に初めて生化学専門学術誌"Zeitschrift für Physiologische Chemie"を創刊し,終生編集にあたった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ホッペ=ザイラーの関連キーワードミーシャーコッセル

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android