コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホルモン療法 ほるもんりょうほう

知恵蔵の解説

ホルモン療法

内分泌療法」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

百科事典マイペディアの解説

ホルモン療法【ホルモンりょうほう】

ホルモン剤を用いる治療法で,内分泌機能の不全,欠損に対する補充療法と,ホルモンの特性を利用した種々の疾患の治療法とがある。糖尿病にインシュリン,甲状腺機能低下症にチロキシンなどを用いるのが前者の例,炎症,アレルギー性疾患,リウマチなどに副腎皮質ホルモンを用いるのは後者の例。
→関連項目性同一性障害乳癌ハギンズ補助化学療法ホルモンホルモン補充療法

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホルモン療法
ホルモンりょうほう
hormone therapy for tumors

癌の中には,ホルモン依存性腫瘍 (しゅよう) と呼ばれ,その発育がある種のホルモンに影響を受けているものがある。そこでホルモンの分泌状態を変化させ,これら腫瘍の発育を抑えて小さくさせようとするのがホルモン療法である。たとえば乳癌の場合,エストロゲンが癌細胞の発育を促進させるといわれる。同時に乳癌細胞の中には,エストロゲンと結合するレセプターの存在が知られている。このエストロゲンを少なくさせるか,あるいはエストロゲンとレセプターの結合を阻害しようというのが乳癌のホルモン療法である。外科的には卵巣摘出術が行なわれ,薬物療法としてはエストロゲンとレセプターとの結合を抑える薬,タモキシフェンなどの投与が広く行なわれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホルモン療法
ほるもんりょうほう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ホルモン療法の関連キーワードハギンズ(Charles Brenton Huggins)レンノックス・ガストー症候群(レノックス症候群)卵巣内膜症性嚢胞(卵巣チョコレート嚢胞)プラダー・ウィリー症候群(PWS)ウエスト症候群(点頭てんかん)エチニルエストラジオールチャールズ ハギンズがんのホルモン療法下垂体機能低下症エストラジオールターナー症候群前立腺特異抗原下垂体性小人症ホルモン受容体点頭てんかんレトロゾールフェマーラ錠性別適合手術月経前症候群骨形成不全症

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ホルモン療法の関連情報