コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホワイ(淮)河 ホワイがHuai he

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホワイ(淮)河
ホワイが
Huai he

中国東部を流れる川。淮水とも呼ばれる。ホーナン(河南)省南部のトンパイ(桐柏)山(→トンパイシャン〈桐柏山〉山脈)から流出して東流し,イン(潁)河クオ(渦)河ピー河などを合わせてチヤンスー(江蘇)省に入り,ホンツォー(洪沢)湖カオユー(高郵)湖を経て南流し,チヤントー(江都)県のサンチヤンイン(三江営)でチャン(長)江に合流する。全長約 1100km。華北の乾燥した畑作地域と,華中の湿潤な水田地域を分ける境界とされている。かつてはチヤンスー省北部で黄海に注いでいたが,1194~1855年の大部分の期間はホワン(黄)河が流入しており,その土砂によって天井川となった。1855年ホワン河は北へ流路を変えたが,ホワイ河は下流の河道がふさがれたために,南流してチャン江に合流するようになった。たびたび洪水を起こし,さらに 1938年には日本軍に追われた国民党軍(→中国国民党)がホワン河の堤防を決壊させたために,1947年までホワン河の水が流入していた。1950年根本的な治水計画が立てられ,上流にはフォーツーリン(仏子嶺)ダム,メイシャン(梅山)ダムなどの多目的ダムがつくられ,中流の湖沼には堤防と水門が建設された。下流には多数の運河が引かれ,河道が浚渫された。またスーペイ(蘇北)灌漑水路など,河水を直接黄海へ導く水路が開かれた。この結果,水害が防止されただけでなく,灌漑用水の確保,下流のアルカリ土の脱塩が進み,全水系をたどる小型汽船航路が完成した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ホワイ(淮)河の関連キーワードチューマーティエン(駐馬店)地区トンパイシャン(桐柏山)山脈フーニウシャン(伏牛山)山脈シュイチャン(許昌)特別市イエンチョン(塩城)特別市カイフォン(開封)特別市チューシエン(滁県)地区ホワイナン(淮南)特別市スーペイ(蘇北)灌漑水路ホーフェイ(合肥)特別市ホワイペイ(淮北)特別市ポンプー(蚌埠)特別市メイシャン(梅山)ダムスーシエン(宿県)地区パイシャー(白沙)ダムチョウコウ(周口)地区チヤンスー(江蘇)省ナンワン(南湾)ダムホワペイ(華北)平原シンヤン(信陽)地区

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android