ホワイト企業(読み)ホワイトキギョウ

  • ホワイトきぎょう〔キゲフ〕

人事労務用語辞典の解説

ホワイト企業」とは、社員に劣悪な環境での労働を強いる企業を指す「ブラック企業」の対義語。社員の待遇福利厚生などが充実し、数ある企業の中でも働きやすさにおいて特に優れている企業、という意味合いで使われる言葉です。就職や転職の際にブラック企業が避けられるのとは対照的に、安心して仕事に打ち込めるホワイト企業は、入社することが好ましいと奨励され、実際に新卒社員の定着率も高いのが特徴です。
(2013/10/11掲載)

出典 『日本の人事部』人事労務用語辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

待遇面での差別がなかったり、福利厚生が充実していたりするなど、従業員にとって働きやすい企業。ブラック企業の対義語として使われるようになった名称である。入社3年を目安とした離職率が低いことをはじめ、若手社員の定着率が高い企業の多い業種を、ホワイト業種というようになるなど、2010年(平成22)ごろから労働環境の労働条件の善し悪しをホワイトとブラックに分け、ランク付けすることが多くなった。
 経済産業省では、ホワイト企業の存在をいっそう広める事業として、2012年度(平成24)より「ダイバーシティ経営企業100選」の表彰を開始した。これは、企業活動に女性、外国人、高齢者、障害者などが積極的に参画している企業100社を、3年ほどかけて選定して表彰し、ホワイト企業として継続的に紹介する事業である。なかでも、女性の活躍推進の加速化が企業の選定上で重視される項目となっており、管理職の女性比率が高いこと、平均勤続年数の男女差が小さいことを客観的データとして提示し、条件を満たす企業を女性が働きやすく、働き続けやすいホワイト企業として紹介している。2013年には、ダイバーシティ経営企業100選で選ばれた企業から、とくに女性が働きやすい優良企業25社を紹介する『ホワイト企業 女性が本当に安心して働ける会社』(経済産業省監修、文芸春秋刊)が出版された。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブルーインパルス

航空自衛隊に所属し華麗なアクロバット飛行(展示飛行)を披露する専門チーム。現在のチームは3代目となり、正式名称は宮城県松島基地の第4航空団に所属する「第11飛行隊」。チーム名の「青い衝撃」の意にちなん...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ホワイト企業の関連情報