ホワントー(黄土)高原(読み)ホワントーこうげん(英語表記)Huangtu gaoyuan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ホワントー(黄土)高原」の解説

ホワントー(黄土)高原
ホワントーこうげん
Huangtu gaoyuan

中国北部にある黄土層に厚く覆われた高原。北は内モンゴル(蒙古)高原との境となる万里の長城,南はチンリン(秦嶺)山脈北麓のウェイ(渭)河平原に挟まれ,東はホワペイ(華北)平原との間をかぎるタイハン(太行)山脈,西はシーツァン(西蔵)高原(チベット高原)東縁のタオ(洮)河とウーチヤオ(烏鞘)嶺にいたる。面積は約 40万 km2。標高は 800~2000mで,2500mをこえる山峰もある。黄土層はモンゴル高原で形成された微砂や粘土が北西の季節風で運ばれて堆積したものといわれる。厚さは平均 50~80mであるが,カンスー(甘粛)省シェンシー(陝西)省ではところによって 150mにも及ぶ。微砂の含有が多く,炭酸カルシウムに富むため,流水によって容易に浸食される。またこの地域は中世以来,乱伐乱墾によって植生の破壊がはなはだしかった。これらの原因と 7~8月に集中する降雨によって,土壌の流失がおびただしく,やせていて,水分を保持できない。比較的広く高原面の残る「げん」,尾根筋にのみ残る「りょう」,谷で細分された「もん」などの地形があり,垂直の谷壁をもった雨裂が各地にみられる。大部分の耕地は細分された傾斜地にあり,しばしば干魃と洪水に見舞われる。また押し流された泥がホワン(黄)河に流入し,下流部に洪水を引き起こしてきた。人民共和国成立後,各地の人民公社によって,水と土壌の流失を防ぐために,植林,貯水池と灌漑用水路の建設,段畑の造成などが進められた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android