コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホンダワラ(馬尾藻) ホンダワラSargassum fulvellum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホンダワラ(馬尾藻)
ホンダワラ
Sargassum fulvellum

神馬藻とも書く。褐藻類ヒバマタ目ホンダワラ科の海藻。低潮線付近の岩上に生じる。藻体は一年生で,主軸をなす茎は三稜形または四角柱で強くねじれている。これから多数の小枝を分ち,それにへら形,楕円形または披針形で明瞭な鋸歯をもつ葉や,楕円形または倒卵形で円頭または微円頭の気胞をつける。雌雄異株で,円柱状の生殖器托をつける。本州太平洋岸,八丈島瀬戸内海,九州西・北岸,日本海岸の新潟県まで広く分布する。古くは「なのりそ」と称せられ,煮て食べたり,米俵形に巻き束ねて祝事の具にした。正月の鏡餅や輪飾りなどに,今日でも添えられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ホンダワラ(馬尾藻)の関連キーワード神馬藻

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android