ホーキンズ(英語表記)Hawkins(Hawkyns), Sir John

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ホーキンズ」の解説

ホーキンズ
Hawkins(Hawkyns), Sir John

[生]1532. プリマス
[]1595.11.12. プエルトリコ沖
イギリスの奴隷商人海軍軍人。父ウィリアム,兄ウィリアムはともに船長,貿易商人でプリマス市長。父の跡を継ぎ,アフリカでの交易従事,ギニー海岸でポルトガル商人から奪った黒人を南アメリカで売ってイギリス最初の奴隷売買を行い (1562~64) ,ポルトガル,スペインの商人を刺激し,メキシコのスペイン植民地で船を没収された。 1577年から海軍省に勤め,イギリス海軍の改良に貢献,船員のために病院を建設。 88年提督としてスペインの無敵艦隊と戦い,ナイト爵を叙爵。 95年 F.ドレークとともに 27隻の船舶を率いてスペイン領西インド諸島の襲撃を試みたが,プエルトリコ上陸前夜に病死

ホーキンズ
Hawkins(Hawkyns), Sir Richard

[生]1560頃
[没]1622.4.18. ロンドン
イギリスの航海者,海軍軍人。 J.ホーキンズの子。 1585~86年 F.ドレークの西インド遠征に参加しスペイン船を襲撃。 88年スペインの無敵艦隊との戦闘に参加。 90年父に従ってスペイン海岸を襲撃。 93年6月プリマスから世界周航に出帆し,南アメリカの南端を回って西海岸を北上中,94年6月ペルー沖でスペイン艦隊と戦って重傷を負い,捕虜になってスペインに連行された。 1602年釈放されイギリスに帰還。翌年プリマス市長に選出された。 04年海軍副司令官。 20年アルジェリアのバーバリー海賊を攻撃するための遠征艦隊に参加した。

ホーキンズ
Hawkins, Eric

[生]1909. コロラドトリニダード
[没]1994.11.23. ニューヨーク
アメリカの舞踊家。バレエ・ダンサーとして出発し,1935年からアメリカン・バレエ・シアター,バレエ・キャラバンなどに在籍。 38年 M.グラハム舞踊団に入り,グラハムの相手役としてモダン・ダンス界で活躍,2年間グラハムと結婚生活を過した。 51年から作曲家 L.ドルゴゼウスキーや彫刻家 R.ドラジオと組んで小舞踊団を結成,"Here and Now with Watchers " (1957) などアブストラクト作品を作って世界を巡演した。

ホーキンズ
Hawkins, Coleman

[生]1904.11.21. ミズーリセントジョーゼフ
[没]1969.5.19. ニューヨーク
アメリカのジャズ・テナーサックス奏者。 10代後半で楽界入りし,1923年にフレッチャー・ヘンダーソン楽団に参加。 34年には単身渡欧,39年に帰国。代表ヒット曲は,『ボディ・アンド・ソウル』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「ホーキンズ」の解説

ホーキンズ

英国私掠(しりゃく)船長。スペインの独占していた黒人奴隷貿易に英国人として初めて1562年ころから従事。のち海軍に入り艦隊強化に努め,1588年副司令官としてスペイン無敵艦隊撃破に貢献した。ドレークとともにスペイン領西インド攻撃にいく途中病没。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

旺文社世界史事典 三訂版「ホーキンズ」の解説

ホーキンズ
John Hawkins

1532〜95
イギリスの提督
イギリス最初の奴隷貿易に従事。のち海軍軍人となり,スペインとのアルマダ海戦に参加し,勝利に導いた。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典 第2版「ホーキンズ」の解説

ホーキンズ【John Hawkins】

1532‐95
イギリスの航海者,海将。Hawkynsとも書く。プリマスの生れ。一族に海事関係者が多い。1562‐63年イギリス人としては最初の奴隷貿易を試み,以後64‐65年,67‐68年と都合3度西インド諸島に航した。最後はスペイン艦隊の攻撃にあい完全に失敗。72年国会議員,同時に海軍主計官として戦力増強,軍の合理化に尽力。88年スペイン無敵艦隊をイギリス海峡迎撃,この戦いを勝利に導いた。95年プエルト・リコ沖に没。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報