コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボイエル Bojer, Johan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボイエル
Bojer, Johan

[生]1872.3.6. オルケスダールセーレン
[没]1959.7.3. オスロ
ノルウェーの小説家。幼くして孤児となり,貧農の家に養われ,漁民,小売商,事務員など転々としたのち故国を離れ,フランス,イタリア,ドイツ,イギリスに長く滞在して作家生活に入る。主著『行進』 Et folketog (1896) ,『信仰の力』 Troens magt (1903) ,『大いなる飢え』 Den store hunger (16) ,『最後のバイキング』 Den siste viking (21) ,『海辺の人々』 Folk ved sjøen (29) ,短編集『歌をうたう囚人』 Fangen som sang (13) 。

ボイエル
Beuel

ドイツ西部,ノルトラインウェストファーレン州ボン市の地区。ライン川右岸,旧ボン市の対岸に位置する。ライン川を渡る橋 (1896~98架橋。 1949再建) の完成後急速に発展し,1969年にボン市に合併した。繊維,化学,製紙などの工業が行われる。シュワルツラインドルフにある聖堂 (1151創建,1902~04修復) はすぐれたロマネスク様式のものとして知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ボイエル

ノルウェーの作家。リアリズムロマン主義が混在した作風で,国外で有名になった。《信じる力》は心理主義的,《大いなる飢え》は宗教的傾向をみせる。《最後のバイキング》《海辺の人々》などの海洋文学佳作

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボイエル
ぼいえる
Johan Bojer
(1872―1959)

ノルウェーの小説家。幼くして孤児となり、職を転々と変えたあとフランス、イタリアに長く滞在。出世作は『民族移動』(1896)だが、彼の名を一躍世界に知らしめたのは『嘘(うそ)の力』(1903)で、嘘をついて自分を弁護しているうち、しだいにその嘘を自分でも信じ込むようになる過程を描いた心理主義の傑作。第一次世界大戦に際しては、文明の虚偽を描いて単純な農村生活に救いをみいだす『大きな飢(うえ)』(1916)を出して歓迎を受けた。ロフォーテン諸島の漁夫たちを描いた『最後のバイキング』(1921)、『海辺の人々』(1929)などは海洋文学の不朽の名作。[山室 静]
『宮原晃一郎訳『嘘の力他』(『世界文学全集18』所収・1931・新潮社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ボイエルの関連キーワードカルミナ・ブラーナコンセルバトアールカルミナ・ブラーナカルミナ・ブラナロフォーテン諸島カルミナブラーナボアエルデューノルウェー宇田川榕菴アザム兄弟3月6日アダンオペラ受難劇

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android