コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボエジャー

百科事典マイペディアの解説

ボエジャー

ボイジャー〉とも。米国のNASA(ナサ)による惑星探査計画に用いられた無人探査機。木星土星天王星海王星の近傍を通過して,惑星や衛星,環の写真撮影と観測を目的としたもの。
→関連項目熱電発電惑星探査機

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ボエジャー【Voyager】

探査機を木星,土星,天王星および海王星の近傍を通過させ,これらの惑星とそのまわりの衛星や環の写真撮影,観測を目的としたNASA(ナサ)による惑星探査計画。ボエジャーは用いられた探査機の名称。1号と2号があり,重量はいずれも815kg。木星への軌道の関係から打上げは2号が先で,1977年8月,1号は77年9月。1号は79年3月5日木星から約28万kmの距離まで接近,その前後数ヵ月にわたり,木星および衛星イオユーロパガニメデカリストアマルテアの写真を電送し,木星大気,大赤斑の性質や運動,衛星表面の詳細を明らかにした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のボエジャーの言及

【イオ】より

…半径は1816km,質量は8.920×1025g(木星の4.6967×10-5倍)で,平均密度は3.56g/cm3と求められる。木星の電波(デカメートル波)バーストの起こる頻度がイオの位置と関係していることで以前から話題の多い衛星であったが,1979年3月と7月の惑星探査機ボエジャー1,2号の観測によってその正体がはっきりした。ボエジャー1号はイオの硫黄に覆われた赤い姿を写し出し,同時に火山の噴火をとらえることに成功した。…

【宇宙開発】より

…この空間の惑星の探査に関しては,アメリカの独壇場である。すなわち,木星,土星,天王星,海王星などの太陽系の外惑星の探査にはこれまでパイオニア10号と11号が先鞭をつけ,続いてより本格的なボエジャー1,2号が送られた。ボエジャーは,木星と土星の写真撮影と観測を行うとともに,フライバイすることによって加速し,より大きな速度を得てさらに天王星と海王星を目ざし,最終的に太陽系を脱出することになっている。…

【土星】より

…美しい環をもつことで有名である。1979年9月1日,惑星探査器パイオニア11号が表面から2万1400kmまで接近したのをはじめとして,80年11月と81年8月にはボエジャー1,2号がそれぞれ12万4000kmと10万0800kmまで接近してテレビ撮影など詳しい観測を行った。 表面は木星と同様な縞模様が見られるが,表面重力が弱いのと太陽から遠く低温のため,木星より大気活動が弱く,渦や斑点も少なく模様は淡い。…

【惑星】より

… 一方,さまざまな相違点のあることもしだいに判明してきた。ボエジャーの観測によると,雲上での風速は木星の場合毎秒100m程度なのに,土星の場合には毎秒500mに達している。これは土星の場合には質量の小さいのに対応して中心のコアが小さく,マントル相当部分が広いので,大きな循環胞が形成しやすく,大規模な流れができるためではないかと推論されている。…

※「ボエジャー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ボエジャーの関連キーワードパイオニア計画オーロラヤペタス磁気圏宇宙人

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android