コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボクトウガ ボクトウガ Cossus japonica

3件 の用語解説(ボクトウガの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボクトウガ
ボクトウガ
Cossus japonica

鱗翅目ボクトウガ科。前翅長 42~56mm。体は太く,翅は比較的小さい。体翅とも灰色で,前翅に不明瞭黒褐色の横帯がある。触角は葉片状であるが,互いに密着し,扁平である。幼虫はナラやクヌギの樹幹を穿孔し,成虫は6~7月に出現する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ボクトウガ

鱗翅(りんし)目ボクトウガ科の1種。日本全土に分布。開張34〜74mm。暗灰色,黒色の細かい模様がある。幼虫はナラ,クヌギその他の幹に食い入り,成虫は年1回夏に発生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボクトウガ
ぼくとうが / 木蠹蛾
[学]Cossus jezoensis

昆虫綱鱗翅(りんし)目ボクトウガ科に属するガ。はねの開張40~55ミリメートル。前後翅とも黒褐色。前翅には無数の黒色短線を散布し、やや太い外横線が前縁からはねの幅の3分の2くらいまで走り、さらに細い亜外縁線と結合する。北海道、本州、四国、九州に分布し、初夏に出現する。幼虫は各種の樹木の幹に孔道を掘って食害する。ボクトウガ科は小さい科で、おもに熱帯圏に分布し、日本産として知られているものは7種にすぎない。いずれも幼虫が樹幹に孔道を掘る害虫で、羽化するまでに2~4年かかるものが多い。英名のcarpenter moth(成虫)あるいはcarpenter worm(幼虫)は、幼虫の習性にちなんで名づけられたものである。東南アジアの熱帯雨林には、はねの開張150ミリメートルに達する大形種も分布している。木材業、果樹園、ココア、コーヒー、チャなど経済上重要な樹木に被害を与える害虫も多い。[井上 寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボクトウガの関連キーワード木刀木蠹蛾・木蠧蛾夜盗蛾濹東木蠹蛾コバネガ(小翅蛾)シャクガ(尺蛾)ヒゲナガガ(髭長蛾)ボクトウガ(木蠹蛾)マツカレハ(松枯葉)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone