コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボチョウジ ボチョウジ Psychotria rubra

2件 の用語解説(ボチョウジの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボチョウジ
ボチョウジ
Psychotria rubra

アカネ科の常緑低木ないし小高木。東アジア熱帯に分布し,日本では琉球列島鹿児島県に自生する。高さ2~3mでよく分枝する。枝は丸くて緑色,各節に1~2cmの柄のある葉を対生する。葉は両端がとがった楕円形で長さ 10~20cm,質はやや厚く全縁,上面は濃い緑色で 10対あまりの側脈がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ボチョウジ【Psychotria rubra (Lour.) Poiret】

やや湿った常緑樹林の林床にはえるアカネ科の低木。乾かすと全体に赤みをおびる。中国では根を解毒・解熱剤とする。茎は高さ1~3mで無毛。葉は対生し,常緑で披針形から楕円形,長さ8~20cm。花は枝の先に集まってつき,花序は直径4~7cm,5~7月に多数の小さな花を咲かせる。花冠は白く直径6mm,5裂し,内側に白い毛が密にはえる。子房は下位,2室で各室に1個の胚珠が基生する。果実は球形,乾くと縦に10本近くの溝ができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ボチョウジの関連キーワード温帯林夏緑樹林ツボスミレハンカイソウ蔓蟻通ユキザサガンゼキランギョクシンカミサオノキムカゴサイシン

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone