コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボデル ボデルBodel, Jean

3件 の用語解説(ボデルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボデル
ボデル
Bodel, Jean

[生]1167頃.アラス
[没]1210. アラス近郊
フランスの詩人,劇作家。若い頃聖職者の教育を受けたらしい。ファブリオーも多いが,聖書に題材を求める宗教劇から人間界の出来事を扱う世俗劇への推移を示している『聖ニコラ劇』 Jeu de Saint Nicolas (1200) が最も重要な作品。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ボデル【Jean Bodel】

1165ころ‐1210
フランス12世紀末の詩人。13世紀に輩出する市民出身トルベールの先駆。当時著しい活況を呈しつつあった北フランスの商工業都市アラスの市民的雰囲気のなかで全生涯を送ったものと思われる。有名な〈アラス芸人町人兄弟団〉に属し,市の有力者の庇護のもとに職業詩人として暮らし,市庁の業務にも従事した。第4回十字軍(1202)への参加を目前にして癩病におかされ,アラス近郊の癩者収容所に入ってそこで没した。 その文学活動の密度は高く,手がけたジャンルも多岐にわたる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ボデル【Jean Bodel】

1165頃~1210) 中世フランスの詩人。フランス語最古の奇跡劇「聖ニコラ劇」を残す。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ボデルの関連キーワード順徳天皇土御門天皇土御門天皇震災避難者ジョン愚昧記平清盛覚性法親王花山院忠雅九条良通

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ボデルの関連情報