コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボデル ボデル Bodel, Jean

3件 の用語解説(ボデルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボデル
ボデル
Bodel, Jean

[生]1167頃.アラス
[没]1210. アラス近郊
フランスの詩人,劇作家。若い頃聖職者の教育を受けたらしい。ファブリオーも多いが,聖書に題材を求める宗教劇から人間界の出来事を扱う世俗劇への推移を示している『聖ニコラ劇』 Jeu de Saint Nicolas (1200) が最も重要な作品。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ボデル【Jean Bodel】

1165ころ‐1210
フランス12世紀末の詩人。13世紀に輩出する市民出身トルベールの先駆。当時著しい活況を呈しつつあった北フランスの商工業都市アラスの市民的雰囲気のなかで全生涯を送ったものと思われる。有名な〈アラス芸人町人兄弟団〉に属し,市の有力者の庇護のもとに職業詩人として暮らし,市庁の業務にも従事した。第4回十字軍(1202)への参加を目前にして癩病におかされ,アラス近郊の癩者収容所に入ってそこで没した。 その文学活動の密度は高く,手がけたジャンルも多岐にわたる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ボデル【Jean Bodel】

1165頃~1210) 中世フランスの詩人。フランス語最古の奇跡劇「聖ニコラ劇」を残す。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボデルの関連キーワードカドリーユ世紀病トゥルネーロンドーフランドル派ルバイヤートロンドフロリアンスカ門ベッラパイス修道院世紀末の詩

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ボデルの関連情報