コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボマ ボマBoma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボマ
Boma

コンゴ民主共和国南西部の河港都市。キンシャサ南西約 300km,コンゴ川北岸,河口から約 96km上流に位置。コンゴ民主共和国にヨーロッパ人が建設した最も古い町の一つで,奴隷市場として発達。ロンビ Lombi,エンボーマ Embommaと呼ばれた。1886年にベルギーのレオポルド2世私有のコンゴ自由国の首都となり,1926年までベルギー領コンゴの首都。上流のマタディに次ぐ重要輸出港で,木材,バナナ,パーム油などを輸出。船舶,車両の修理工場がある。人口 17万1552 (2004推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ボマ(Boma)

コンゴ民主共和国西端の都市。コンゴ川河口から約100キロメートルに位置し、河港をもつ。16世紀に建設され、奴隷貿易の拠点として栄えた。内陸部への鉄道の起点であり、木材、バナナ、コーヒー、カカオなどを輸出する。ボーマ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボマ
ぼま
Boma

アフリカ中部、コンゴ民主共和国(旧ザイール)西端の河港都市。コンゴ(ザイール)川の河口から96キロメートル上流の北岸に位置する。人口13万5284(1994)。北の森林地帯のツェラと鉄道で結ばれ、木材、バナナ、やし油などを輸出する。食品加工、搾油、化学工業が立地する。16世紀に奴隷の取引地として建設され、重要な港として栄えた。探検家スタンリーの最初のアフリカ横断は、ボマのヨーロッパ人の援助で成し遂げられたものである。1886年から1908年までコンゴ独立国の、その後26年までベルギー領コンゴの首都であった。[赤阪 賢]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ボマの関連キーワードグランサッソディタリア山地世界はそれを愛と呼ぶんだぜホルスト ブレーデカンプGeoffreyGemsマジック・マイクXXLラムジェットエンジン磁鉄鉱ヘグボマイト岩パトリック エムボマスカシマダラ(透斑)コシジロウミツバメ加藤衛(業務提携)由羅(YURA)マジック・マイクヨジップ クゼイタリア式庭園ボマルツォ庭園ムヒカライネスウルバンバ渓谷地対空ミサイル11月15日

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ボマの関連情報