コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボマ ボマ Boma

3件 の用語解説(ボマの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボマ
ボマ
Boma

コンゴ民主共和国南西部の河港都市。キンシャサ南西約 300km,コンゴ川北岸,河口から約 96km上流に位置。コンゴ民主共和国ヨーロッパ人が建設した最も古い町の一つで,奴隷市場として発達。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ボマ(Boma)

コンゴ民主共和国西端の都市。コンゴ川河口から約100キロメートルに位置し、河港をもつ。16世紀に建設され、奴隷貿易の拠点として栄えた。内陸部への鉄道の起点であり、木材、バナナコーヒーカカオなどを輸出する。ボーマ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボマ
ぼま
Boma

アフリカ中部、コンゴ民主共和国(旧ザイール)西端の河港都市。コンゴ(ザイール)川の河口から96キロメートル上流の北岸に位置する。人口13万5284(1994)。北の森林地帯のツェラと鉄道で結ばれ、木材、バナナ、やし油などを輸出する。食品加工、搾油、化学工業が立地する。16世紀に奴隷の取引地として建設され、重要な港として栄えた。探検家スタンリーの最初のアフリカ横断は、ボマのヨーロッパ人の援助で成し遂げられたものである。1886年から1908年までコンゴ独立国の、その後26年までベルギー領コンゴの首都であった。[赤阪 賢]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボマの関連キーワードイレボキンドゥコンゴ共和国コンゴ川コンゴ族コンゴ民主共和国ブラザビルアンフォンドルボモボーマ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ボマの関連情報