コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボルタンスキー

2件 の用語解説(ボルタンスキーの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ボルタンスキー

フランスの美術家。パリ生れ。独学で絵を描いていたが,1968年以降は映画やビデオを制作し,1970年ころから写真を素材とした作品を制作している。ボルタンスキーの関心は対象が自分自身であれ他者であれ,常に〈過去〉の記憶とそれを裏付ける記録としての資料の集積にある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボルタンスキー
ぼるたんすきー
Christian Boltanski
(1944― )

フランスの美術家。パリ生まれ。幼いころから美術に強い関心を示し、1958年には早くも「歴史と劇的事件の絵画」と題した大作絵画のシリーズの制作を開始するなど、正規の美術教育を受けずに独学によって自身のスタイルを追求する。1960年代の終わりごろより、『咳(せき)をする男』『舐(な)める男』『私が思い出すすべて』といった短編の実験映画や、髪の毛や自分宛の手紙を知人に送付するメール・アート(手紙や葉書を作品に見立てる表現様式)の制作を行う。1968年にはパリのラヌラ劇場で初個展を開催、ビスケットの箱のなかに自分の存在を証明するさまざまなオブジェを封入し、箱のラベルを毎日取り替えるインスタレーションを発表する。
 24歳で絵画を描くことを止めたボルタンスキーの関心は、以後彫刻、写真、実験映画など多彩な領域へと広がってゆくが、その主たる関心はパーソナル・ヒストリーを語ることに向けられており、なかでも写真は、虚実取り混ぜた自分だけの物語を構築する素材として頻繁に活用された。自らが道化に扮して別の人格を演じてみせたシリーズ作品「こっけいな寸劇」(1974)はその代表例である。ボルタンスキーが写真を好むのには、「私たちは常に日々死んでいく。この世に永遠の命などない」という死生観も深く関わっている。またボルタンスキーは、写真と同様小物や日用品も収集や再構成の対象としてしばしば活用した。
 1977~1984年に制作されたインスタレーション作品『コンポジション』は、子供時代に遊んだ玩具と静物画を組み合わせ、時間について考えた試みである。また1985年に最初のシリーズが制作された「モニュメント」も、複数の子供の額装された写真を電飾することによって過去の記憶を前景化しようとする、いずれも作家としての成熟を示す作品である。記憶をテーマとしたその独自の作風はパリの現代美術センター(1974)、ニューヨークのP. S. 1コンテンポラリー・アート・センター(1978)、ポンピドー・センター(1984)などでの大規模な個展、あるいはベネチア・ビエンナーレ、ドクメンタ、「大地の魔術師たち」展(1989、ポンピドー・センター)のような国際展を通じて広く知られることとなった。日本でも、第3回越後妻有(つまり)トリエンナーレ(2006)に際してジャン・カルマンと共同で制作した大規模なインスタレーション作品『最後の教室』が恒久設置されている。1975年にはDAAD(ドイツ学術交流会)奨学生としてベルリンに滞在、1981年にはアメリカ、ハーバード大学に招聘されるなど海外での活動歴も豊富であり、1986年からパリのエコール・デ・ボザール(フランス国立美術学校)で教鞭をとり、マルチメディア講座を担当している。
 ジャン・ル・ガックJean Le Gac(1936― )やアネット・メサジェAnnette Messager(1943― )など親交を結ぶアーティストも多いが、なかでも映像作家のアラン・フレッシャーAlain Fleischer(1944― )との親交は深く、フレッシャーはボルタンスキーの制作活動をカメラに収めたドキュメンタリー映像を数本制作している。[暮沢剛巳]
『Lynn Gumpert Christian Boltanski (1994, Flammarion, Paris) ▽「アート・ドキュメンタリー映画際 '95」(カタログ。1995・ユーロスペース) ▽「Art for the Spirit――永遠のまなざし」(カタログ。2001・北海道立近代美術館)』
「『ボルタンスキーを探して』ビデオ(1990・ユーロスペース)」

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボルタンスキーの関連キーワードカルコガンスクールベグレーズシャルダンダゲールピロンブラマンクルオーフランスソワール

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ボルタンスキーの関連情報